モテる女友達から学んだ「男心をつかむためのテク」9パターン

恋愛
オトメスゴレン
2019/05/19 10:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

モテる女友達から学んだ「男心をつかむためのテク」9パターン


モテる女性は、見た目だけではなく、言動にも人知れず気を配っているようです。容姿のレベルをそこまで引き上げるのは難しいかもしれませんが、男性を惹きつけるような振る舞いなら、誰でも取り入れられるのではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性50名に聞いたアンケート調査を参考に、「モテる女友達から学んだ『男心をつかむためのテク』」をご紹介します。


【1】話を聞くときは、体ごと相手のほうを向いて熱心に耳を傾ける


「同性の私ですらいい気分になった。男性がキュンとくるのも頷けます」(20代女性)というように、話し手を気持ちよくさせる「聞き上手」の女性は、やはりモテるようです。本来は聞き上手ではなくても、とりあえずこの仕草を意識するだけで、好印象を残せるでしょう。


【2】愚痴や悪口を封印し、相手を楽しませるトークを心がける


「文句ばっかり言ってる女よりも、一緒にいて楽しい気分になれる女のほうが好かれるに決まってる」(10代女性)というように、話していて楽しい女性がモテるのも、誰もが納得するところでしょう。とはいえ、合コンなどでは単なる盛り上げ役として扱われないよう、テンションに緩急をつけるとよさそうです。


【3】表情をコロコロ変えながら、分かりやすくリアクションする


「たしかに、よく笑う子って美人じゃなくてもかわいく見える」(10代女性)というように、表情が豊かな女性は、もとの顔立ちにかかわらず男性の目に魅力的に映りそうです。まだそれほど親しくない相手の前では、少し大げさに相づちを打つくらいにするのがちょうどいいかもしれません。


【4】相手のいいところに気づいたら、すかさず言葉にして褒める


「素直に『すごい!』と口に出してるだけって本人は言ってますけど、まさに小悪魔ですね(笑)」(20代女性)というように、男性の自尊心をくすぐるのがうまいのも、モテる女性の特徴のようです。とはいえ、どうでもいい男性に媚びても疲れるだけなので、誰彼構わずお世辞を言う必要はないでしょう。


【5】TPOをわきまえながら、ほのかにいい香りを漂わせる


「モテる子ってやっぱりいい匂いがするんですよ。女の私でもドキッとしてしまう」(20代女性)というように、シャンプーやコロンなどの香りで、男性を悩殺するのも手です。仕事帰りに気になる同僚と食事する機会があったら、日中はつけていなかった香りをまとって行くとドキッとさせられそうです。


【6】自分ひとりでできそうでも、あえて男性に助けを求める


「甘え上手な女性は、やっぱりモテますよね」(20代女性)というように、モテの観点から考えると、ときには男性に頼ったほうがよさそうです。助けてもらったあとは、「さすが○○さんですね。頼りになります!」と上手に持ち上げて、いい気分にさせてあげましょう。


【7】ランチやお茶などの軽いお誘いには、とりあえず乗る


「『ガードが固すぎない感じ』を心掛けるのがコツだそうです」(20代女性)というように、男性から誘われたら、いちいち深刻に受け止めずに、気軽に応じたほうがいいかもしれません。「毎回断る女」よりも、「フットワークが軽い女」のほうがお声が掛かりやすいのは事実ではないでしょうか。


【8】彼女の有無を尋ねるなど、思わせぶりな態度を取ってみせる


「男子をドギマギさせるのがうまい!隣で聞いてて感心してしまった」(10代女性)というように、いいなと思う男性の気を引きたければ、「俺に気がある!?」と期待させるためにも、プライベートに踏み込んだ質問をするといいようです。グイグイ迫ると逃げられるので、話の流れに乗って尋ねたいところです。


【9】この人だと狙いを定めたら、適度にスキンシップをはかる


「さりげなく腕に触れるとか、真似できたら最強だけど難しい!」(20代女性)というように、軽いボディタッチは究極のモテテクかもしれません。不慣れだとぎこちなくなりそうなので、まずは腕や服の袖をツンツンする程度からチャレンジしてみましょう。


意中の男性を振り向かせたいなら、モテる女性のテクニックを見習う価値は大いにありそうです。自分にもできそうなやり方にアレンジしてもいいでしょう。(竹平大貴)


【調査概要】
期間:2019年2月27日(水)から3月1日(金)まで
対象:合計50名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません