男性が本命女性だけに見せる「7つの言動」

恋愛
マイナビウーマン
2019/05/16 17:10

こんにちは、男女差恋愛学の高田机上です。

私は日ごろ、ブログで男女差の謎に迫っています。

今回のテーマは「片思い中の男性心理について」です。片思い中の男性はどんなことを考えているのでしょうか? 女性が知らない、男性の本心を紐解いていきます。

■男性が片思いを自覚する瞬間とは?

男性が片思いを自覚するのは、

・相手のことばかり考えてしまう

・会ったときにドキドキする

・離れるのが寂しいと感じる

・ほかの男性と話しているのが嫌だ

といった感情に気づいたときです。これらは女性とあまり変わらないはずです。

ちなみに、男性は女性を外見中心で好きになるので、第一印象で「好き候補」になるかどうかが決まります。その割合は同世代女性の3割ぐらいです。

そのなかで好きになるのは、候補のなかで一番「外見がいい女性」ではなく、一番「自分と付き合ってくれそうな女性」です。男性は下記のような脈ありサインで「付き合ってくれそう」と感じます。

・相手からあいさつしてくれた

・笑顔で接してくれた

・気遣いがあった

・趣味の話をしてくれた

・心的距離の近さを感じた

男性は「相手が自分に対して心を許してくれている」と感じるほど付き合えそうだと感じる生き物。恐ろしいことに、女性にそのつもりがないのに勘ちがいしていることもあります。

片思い中の男性の「好き」が増す瞬間とは?

では、その「好き」は、どんな瞬間に増すのか。以下のようなポイントが挙げられます。

・アプローチを喜んでくれたとき

・自分を応援、尊敬してくれたとき

・女性側から心的距離を縮めてくれたとき

・相談に乗ってくれるなど対応に誠意を感じたとき

・やさしくしてくれたとき

・自分に気があるかもと思ったとき

・かわいい服やセクシーな服の姿を見たとき

女性の場合と違うのは、「相手からのアプローチがうれしかった」よりも「自分のアプローチを喜んでくれた」ほうがうれしい点です。女性からのアプローチがあっても、自分のアプローチを喜んでくれないと自信が持てず、男性の気持ちは進展しません。

◇「結婚したらうまくいきそう」も好きが増すポイント

相手と結婚したらうまくいきそうだと感じたときにも「好き」が増します。

家庭的な面を知ったとき。金銭感覚がしっかりしていたとき。自分を男性として立ててくれたとき。男性は付き合う時点では結婚のことをあまり意識していませんが、「理想の結婚相手像」に近い要素を相手が持っていれば「好き」が増していくのです。

ちなみに、筆者は妻と同じアルバイト先で出会いました。

好きになったときを思い返すと、自分のボケにツッコんでくれたとき、「あ、この女性と会話するのが楽しい」「笑いのストライクゾーンが近い」と感じて「好き候補」から「付き合ってくれそうか」に変わりました。

彼女に作家を目指していることを打ち明け、応援してもらえたときには「付き合ってほしい」「完全に好き」と思うまでに至ったのです。

■片思い中「男性の頭の中」はどうなっている?

片思い中の男性がどんなことを考えているのかを探るには、恋愛したときの「男女の温度差」がカギとなります。筆者がこれまでの恋愛経験から考えた、以下の表をもとに紐解いていきましょう。

◇好きな人ができたときの意識割合

※女性の「仕事」の割合は人によります

女性の自己実現は恋愛中心。ですが、男性の自己実現は仕事中心です。

つまり恋愛に対する意欲がはじめから女性より低いということ。それに加えて、男性は並行作業が苦手。仕事中に恋愛のことはほとんど考えません。

◇恋愛に入れ込んだときの意識割合

続いて、恋愛に入れ込んだ場合の変化を見ていきましょう。

男性は恋愛に入れ込んでも、その数値が仕事を上回ることはまずありません。恋愛が10になるとしたらストーカーなど病的な状態でしょう。

古来より男性は、働いて食料を確保しないと生きていけなかった生命。ですから、生きるため仕事より恋愛に入れ込むことがないようになっています。

一方の女性は、恋愛へすべての比重を置くことができます。自分はどう思われているか悩んだり、LINEが気になって仕方なかったり、恋愛によって心が乱れるのです。

◇恋愛意欲が低い男性は「基本寂しくない」

このように、恋愛へののめりこみ方には男女差があるということ。

男性は元々恋愛意欲が低いので、会えなくても基本寂しくありません。

また、「男が恋愛で心を乱すのはみっともない」という意識もあります。そのため、恋愛中であることを他人に言いたがりません。

男性の心が乱れるのは、性欲が爆発しそうなときだけです。この話はやめておきましょう。

◇会えない時間、男性はデートの妄想を楽しむ

では、会えない時間に男性はどんなことを考えているのか。

女性と同じように、デートの妄想をすることはあります。とはいえ、女性は感情のやりとり中心ですが、男性はデートの段取りや費用のことを中心に考えるという差があります。

男性の頭の中には謎のポジティブが存在します。デートがうまくいって、相手が好反応を示してくれて……。妄想の中の自分は完璧で無敵。「夜景を見せたらキスができる」など見当ちがいなことを信じているのです。

■男性の「片思いサイン」を見極めるには?

男性が女性にアプローチする目的は主に3つです。

その目的とは、1.「友だち」か2.「遊び」か3.「本命」。

男性は女友だちに全部奢る、マメに連絡する、愚痴を聴くなど、負担が大きいことはできません。また遊び狙いの相手には、1回目のデートで自宅に誘ったり、酔わせて性交渉をしたりします。

一方、本命には振られたくないので、「ていねい・慎重・必死」になります。そのため、緊張したり見栄を張ったりし、お金・時間・労力の使い惜しみをしません。手間がかかることもできます。

つまり、男性が「手間のかかるアプローチ」をしたなら本命でまちがいありません。では、具体的に片思い中の男性が本命にするアプローチとはどんなものでしょうか。

◇片思い中の男性が本命だけに見せる「7つの言動」

☆1.魅力的・有能だと思われたい言動

これは、自慢話や自分語り、高価なプレゼント、尽くすような言動などです。また自分に自信をつけるために、安直に筋トレや勉強に励むこともあります。

☆2.相手をもっと知りたい言動

たくさん質問をしてくる、プライベートなことを知りたがる、何かにつけて話したがるなどがそのサインです。

☆3.好意を伝えたい・心的距離を縮めたい言動

積極的にデートに誘う、2人で会いたがる、食事代やデート代を奢ろうとするといった言動が見られれば、きっとその相手に片思いをしています。

また、マメに連絡をする、愚痴を聴く、容姿を褒める、ボディータッチをしようとする(自分がそれをされたら好きになるから)なども距離を縮めたいがゆえの振る舞いです。

☆4.評価を下げたくない・失敗したくない言動

緊張して挙動不審になるのも実は好きだから。

一見わかりにくいですが、当たり障りない話しかしなかったり、予防線を張った誘い方をしたりするのがその具体例です。

あなたの知らないところで、LINEを送ろうか悩んだり、文面を書いては消したりする。今の関係を壊したくなくて告白できない。女性慣れしていない男性ほど、失敗を怖がってそんな葛藤を裏で繰り返しています。

☆5.好き避けを匂わす言動

好き避けとは、好きなのに興味がないフリをすること。

その心理としては、緊張してパニック、うまく接することができず恥ずかしい、自分が動揺しているところを見られたくないといったことが挙げられます。

好き避けする男性は、好きな人がほかの男性と仲よくしていたら悔しいくせに、自分の気持ちを悟られたくないと考えています(傷つかないための保険)。そのため、どう接していいかわからず逃亡や既読スルーしてしまう中学生メンタルを発揮することがあるのです。

また、やさしくしたいのにからかって悪口を言ったりするのも好き避けの一種。

「自分なんて好きになってもらえない」とあきらめている男性も、これ以上好きにならないように相手を避けることがあります。

☆6.褒めるような言動

男性は基本、女性にお世辞は言いません。性対象ではない女性を褒めて好意を得たとしても、なんの得にもならないからです。

男性が女性を褒めるのは好意の表れ。女性のように言葉の裏はありません。

☆7.LINEを続けたい言動

男性が苦手なLINEをがんばるのも好意の表れです。それが空回りし、女性からしたらどうでもいいような内容を送ってきたりもします。

ちなみに交際後にLINEがそっけなくなったり、返信が遅くなったりこなくなったりするのは、がんばる必要がなくなったからです。

男性心理を応用すれば恋愛はうまくいく

このように、片思い中の男性心理は女性のそれとは異なる部分があります。

あなたに片思いしているであろう男性にもっと好きになってもらいたいなら、女性側がアプローチをがんばるよりも、相手のアプローチを喜んであげるといいでしょう。

相手に何か頼んでやってもらい、しっかり喜ぶのもいいですね。オーバー気味に喜んで感謝すればいいだけなので費用対効果抜群です。

恋愛に必要なのは知識と戦略。受け身や運命ではないことをお忘れなく。

(高田机上)

※画像はイメージです

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません