「彼女のいる男性」を振り向かせる方法

恋愛
マイナビウーマン
2019/05/15 17:10

好きになった人にはもう恋人がいた! という衝撃を味わった人は、少なくないと思います。

多くの人はそこであきらめてしまいがちですが、本当にそれでいいのでしょうか? せめて気持ちを伝えてみてはいかがでしょう。

今すぐではなくても、もしかしたら、その気持ちに彼が応えてくれる日が来るかもしれないのです。

■気持ちを伝えずに去るのは寂しい〜Y子さんの場合

まず、Y子さんの例をお話しします。

彼女は会社員時代に、自分とはちがう部署の男性のことをずっといいなと思っていました。けれど、彼の知り合いにさりげなく情報を聞き出してみたら、残念なことを伝えられました。彼には学生時代からのつきあいの彼女がいるというのです。恋人がいるのならあきらめるしかない、と考え、Y子さんは自分の想いを封印するしかありませんでした。

そんな彼女の気持ちに動きがあったのは、それから1年ほど経った時です。知り合いの会社に誘われ、Y子さんは転職することになりました。あと数日で退職するというとき、彼女の頭には好きだった彼の存在が浮かび上がったのです。封印したつもりでも、やはり彼のことを好きな気持ちを変えることはできなかったのでした。

けれど、周囲の話によると、どうやら彼はまだその彼女と交際中のようす。それでもY子さんは思い切って、気持ちを告げてから会社を去ることにしたのです。

◇ある日突然思いが叶うことはある

彼が会社の廊下をひとりで歩いているところをみはからって、Y子さんは声をかけました。

「私、来週退職してしまうんで、もしよかったらこれ」と、ハンカチと一緒に、彼への想いをつづった手紙を渡したのです。ほとんど会話をしたことがなかった彼でしたが、Y子さんの存在は知ってくれていたらしく、小さくうなずき、手紙を受け取ってくれました。けれど翌日届いたメールには「今は彼女がいるのですみません」と書かれていたのです。

Y子さんは不思議とスッキリした気持ちでした。彼に気持ちを伝えることができただけでも胸のつかえが取れたような思いだったのです。

気持ちを切り替え、新しい会社でがんばっていたある日のことです。Y子さんが告白した彼から突然連絡がありました。「恋人と別れてしまったんで、よかったらお食事でもいきませんか」というものでした。

彼に告白してから1年が経っていました。Y子さんは大好きだった彼とついにおつき合いできることになったのです。

■恋人持ちの男性へのアプローチは罪にはならない

彼に恋人がいるからといってあきらめてしまう女性は多いのですが、実は、彼女がいる男性にアプローチしても、法的な問題はありません。結婚しているわけではないので、自由恋愛の状態だからです。

ただし、問題になるとしたらマナーです。恋人がいるのにアタックするなんて、と眉をひそめる人はいるかもしれません。けれど、人の目を気にしすぎて、自分の本当の気持ちを抑え込んでしまっていいのでしょうか。

今や3〜4組に1組が離婚する時代。男女間の恋愛関係も期間が短くなりがちなのです。なかには交際して1カ月も経たずに別れるカップルもいるのです。彼女がいたとしても、結婚していない限り、いつかは別れる可能性があります。

ということは、“彼女と別れたときに一番最初に思い出してもらえるポジション”でスタンバイしていることが、とても大事になってくるのです。

◇彼女がいる男性へのアプローチは、「控えめな態度」で

彼女がいない男性へのアプローチと彼女がいる男性へのアプローチには大きなちがいがあります。それは「控えめな態度」です。

しばしば「彼女がいたってかまわない! 私はあなたが好き!」と突撃し、自滅してしまう女性がいるのですが、こうした告白はあまり成功しません。なぜなら相手の立場をあまり思いやっていないからです。

では、先ほどのY子さんは、いったいどのような手紙を、恋人がいる男性に書いたのでしょうか。

実は

恋人がいるのは知っていましたが、前から好きでした。こういうお手紙はご迷惑だとわかっていますが、会社を辞めてしまう前にこの気持ちをお伝えしたかったのです

という、ていねいでゴリ押し感のない内容でした。男性にはこういう手紙のほうが好感度が高いはずです。

■恋人がいる男性への告白を成功させるには

恋人がいる男性へ気持ちを伝えたいのなら、自己主張を抑えることが必要です。

もう特定の人がいる男性に対して「私はこんなにイイ女なんで、こっちを見てください」というようなアピールは、すでにお寿司でお腹がいっぱいな人に対して、焼肉もあるよ、と言っているようなもので、あまり効果的ではないのです。

ではお腹がいっぱいな人にご飯を食べてもらうには、どうしたらいいでしょうか。

それは、相手がお腹が空くまで待つことなのです。恋人がいる男性に告白し、すぐに返事を求める女性がいますが、それはとてももったいないこと。かといって「彼女と別れるのを待ってます」と書くのも怖がられちゃいそうです。

Y子さんはあえて何も書きませんでした。そうしたら彼のほうから「恋人と別れたよ」と連絡してきてくれたのです。男性は自分を好いてくれる女性のことは結構覚えていてくれるものなのです。

◇こんな人にはアプローチNG

ただし、アプローチをしないほうがいいタイプの男性もいます。

☆婚約中の男性

それは、もうすでに婚約状態で、結婚話が進んでいるような男性です。婚約中の場合は、法的トラブルに発展する可能性があり、場合によっては慰謝料を婚約者から請求されかねません。そのような騒動になった場合、彼との仲がスムースに進むかどうかもあやしくなってしまうのです。

☆同棲中の男性

また、恋人と同棲中の男性に対しても、慎重な行動が必要です。

特に、手書きの手紙やプレゼントを渡すことはおすすめできません。同棲中の彼女に見つかり、トラブルになり、彼に迷惑がかかるかもしれないからです。できるだけメールやメッセージアプリなどでやり取りし、プレゼントもコーヒーチケットなどをオンラインで贈るなどにとどめたほうが無難です。

恋人がいる男性へのアプローチで一番重要なのは、彼への配慮です。

自分の気持ち最優先、ではダメ

多くの女性たちが「自分の気持ちをとにかく伝えたい」と自分のことを最優先にして行動してしまいがちですが、そうした姿勢はときに、彼の中にほのかな恋心が芽生えるのだということを忘れないようにしたいものです。

まずは気持ちを伝え、彼がフリーになる日まで、静かに待つ。それが実は一番効果的なアプローチなのかもしれません。

(内藤みか)

※画像はイメージです。

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません