伊藤健太郎「なんやこれ!」片寄涼太&川栄李奈の“ラブラブ演技”羨む<きみと、波にのれたら>

エンタメ
モデルプレス
2019/05/14 21:43
【伊藤健太郎/モデルプレス=5月14日】俳優の伊藤健太郎が14日、都内にて行われたアニメーション映画『きみと、波にのれたら』(6月21日全国公開)の完成披露舞台挨拶に片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、川栄李奈、松本穂香、湯浅政明監督とともに登壇した。

【さらに写真を見る】片寄涼太、イリュージョンで登場!?

◆伊藤健太郎、片寄涼太&川栄李奈の“ラブラブ演技”羨む

劇場アニメ『夜は短し歩けよ乙女』、『夜明け告げるルーのうた』などで知られる湯浅監督の最新作となる同作は、海辺の街を舞台に描かれる感動のラブストーリー。カップル役を演じた片寄、川栄の印象を聞かれた伊藤は、あるシーンに触れ「すごいんですよ、2人のラブラブが。僕は観ていて『なんやこれ!』と思って。すごい羨ましくなりましたね。すごいんですよ!」と力を込め会場を笑わせ、「そこは楽しみにしていただいて。大好きなシーン」とオススメ。

また、作品の内容にちなみ“誰かに背中を押してもらった経験”をテーマにトークを展開した場面では、現在も親交があるという「幼稚園の先生」とのエピソードを披露し「仕事が立て込んだりして疲れ切って『死にそうだ』って言ったら、『“そう”なら大丈夫。“死ぬ”だったら飛んでいくから』って言ってくれて。嬉しかったというか、まだまだ頑張れるなって思った」とその一言に救われたことを明かした。

◆映画『きみと、波にのれたら』

同作で片寄は正義感が強い消防士の青年・雛罌粟港(ひなげし みなと)、川栄は彼と恋に落ちるサーファー・向水ひな子(むかいみず ひなこ)、松本は港の妹でぶっきらぼうな性格の高校生・雛罌粟洋子(ひなげし ようこ)、伊藤は港の後輩で新人消防士の川村山葵(かわむら わさび)の声をそれぞれ担当。

舞台挨拶冒頭では、片寄が「渋滞で遅れている」と伝えられ、片寄を除く川栄・松本・伊藤・湯浅監督が登壇し、片寄が声を演じた港が映る水槽ビジョンを囲んでトーク。

港が観客からの質問に答えるやりとりが行われた後、「そろそろ時間だ!消えちゃう!」と言うと、水槽からイリュージョンで片寄が現れ、会場を沸かせた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません