「こんな人だったなんて!」と付き合ってから愕然とした「彼氏の正体」9パターン

恋愛
オトメスゴレン
2019/04/23 11:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

「こんな人だったなんて!」と付き合ってから愕然とした「彼氏の正体」9パターン


「釣った魚に餌をやらない」という言葉があるように、付き合う前と後では彼女への態度がガラッと変わる男性もいます。そこで男性を選ぶ目を養うべく、『オトメスゴレン』女性読者の意見を参考に「『こんな人だったなんて!』と付き合ってから愕然とした『彼氏の正体』9パターン」を紹介します。


【1】毎日メールが来ていたのに、こっちが出したメールの返信すらこなくなった


「あんなにマメだったのに」(20代女性)と、メールの回数が激減し、がっかりさせられたことのある女性は多いようです。男性からメールが来ないからと、女性から積極的に連絡をすると、「俺のことが大好きだな」と男性が安心して増長する可能性があるので注意しましょう。


【2】大人に見えたのに、コンビニ店員と話しただけで激怒する焼きもち焼き


「10歳も上だから『大人の余裕』があると思ったのに」(20代女性)というように、男性に包容力を求めていたのに、束縛がひどかったケースです。精神的な成熟度は年齢では判断できないもの。安易に「年上だから大人」だと思わないほうがいいでしょう。


【3】頼りがいがありそうなところにほれたのに、ふたりきりだと「赤ちゃん言葉」


「会社では『頼もしい先輩』なのに…」(20代女性)と、甘えさせてくれそうな雰囲気に惹かれたのに、「じつは赤ちゃん言葉で甘える男だった」パターンです。外で無理に虚勢を張っている男性は、彼女の前では甘えん坊になることも多いので注意しましょう。


【4】いつもデートは奢りだったのに、付き合ったとたん「奢って」


「あたしに投資した分を回収してるの!?」(30代女性)というように、付き合ったとたん「ヒモ男」になる男性もいるようです。悪びれもせず何度も奢らせようとするのは確信犯です。情が移る前に別れたほうがいいかもしれません。


【5】さわやかな人だと思っていたら、とにかく不潔だった


「ワックスだと思ってたら髪を洗ってないだけ…」(20代女性)と、外見は清潔感のある好青年なのに、じつは不潔という例です。何度注意しても男性が生活態度を直さない場合は「歯磨きしないとキスしない」と、スキンシップをエサにしてはいかがでしょう。


【6】仕事に誇りを持って働いていそうだったのに、家では延々とグチばっかり


「尊敬してたのにガッカリ」(20代女性)というように、仕事熱心な姿に惹かれていたのに期待外れだったケースです。ただし、グチるのは女性に心を許しているからこそ。「私にだから弱音を吐くんだ」と前向きに受け止めてみてはいかがでしょう。


【7】会うたびほめてくれてたのに、彼氏になったらダメ出しされまくり


「私を『俺色』に染めたがった」(10代女性)というように、以前は「かわいいね」と女性をベタぼめだったのが、彼氏になったら「その口紅ヘン」などとダメ出ししまくるケースです。彼の意見を全部飲むと自由を奪われる危険があるので、相手のペースに巻き込まれないようにしましょう。


【8】明るい性格に惹かれたのに、じつはすぐに泣くほど「超ネガティブ」


「おもしろい人だと思ってたら、すぐ泣き出すところにビックリ」(20代女性)と、男性の二面性に驚いたパターンです。ふだんは強がっていても、彼女には安心して弱さを見せているかもしれません。「女々しい」と思わずに話を聞いてあげてはいかがでしょう。


【9】寡黙でクールな人だと思っていたら、気弱でトークに自信がないだけ


「自分の意見を言えないだけだった」(20代女性)と、クールだと思ったら内気なだけだった例です。クールな人は口数が少なくても堂々と自分の意見が言えるもの。何かアドバイスを求めて、自分の考えを言えるか判断してはどうでしょう。


ほかにはどんな「『こんな人だったなんて!』と付き合ってから愕然とした『彼氏の正体』」があるでしょうか。みなさんの意見をお待ちしています。(徳永幸子)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません