「人としてどうなの?」と感じた男性が店員へとった言動9パターン

恋愛
スゴレン
2019/04/19 13:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

「人としてどうなの?」と感じた男性が店員へとった言動9パターン


デート中、女の子は男性の言動を意外と注意深く見ています。なかでもイメージダウンに直結しやすいのは、レストランなどでの店員さんへの対応です。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、『「人としてどうなの?」と感じた男性が店員へとった言動』を教えていただきました。


【1】店員というだけで、問答無用でタメ口


「相手のほうが年上なのに…」(10代女性)というように、客の立場になった途端に上から目線になる男性に対して、嫌悪感を抱く女性は少なくないようです。むしろ若い店員さんにも丁寧な言葉遣いをしたほうが、「紳士的な人」という好印象につながるでしょう。


【2】店員さんを「おい!」と乱暴に呼びつける


「ガラが悪いよー」(20代女性)というように、入店後、男性のガサツな対応をみて幻滅するケースもあるようです。なかなか店員さんに気付いてもらえなくても、「すみませーん」と控えめに呼ぶくらいにしたほうが、女の子に「やさしい人」と思われてトクかもしれません。


【3】お店に対する苦情を、事情を良く分かってなさそうなアルバイトにぶつける


「弱いものイジメをしたいだけでしょ」(20代女性)というように、男性が日々のうっ憤をわざと店員に向けているように感じるようです。「服に飲み物をこぼされた」など、一緒にいる女の子が不利益を被ったのなら店長などを呼んで対応してもらったほうがいいかもしれませんが、それ以外はガマンしたほうが無難でしょう。


【4】店員さんに品切れと言われて「は?」などと逆ギレ


「食べ物のことで怒るとかカッコ悪い」(10代女性)というように、食べたいものが売り切れているくらいでキレる男性の姿が、とても情けなく見えるようです。ないと言われたら、「じゃあ、何かオススメあります?」など聞くなど、機転を利かすといいかもしれません。


【5】注文したばかりなのに、「注文したやつ、まだですか?」と問い詰める


「ただのわがまま」(20代女性)というように、店員さんを急かす男性は、空腹に我慢できない子どものように見えるという女の子もいます。ただし、「あと、どのくらいかかりますか?」などとやさしく尋ねるようにすれば、いやしい印象を与えずにすみそうです。


【6】ちょっとでも気に入らないことがあると「店長を呼べ」と言う


「私まで迷惑なお客さんだと思われちゃいそう」(10代女性)というように、男性と一緒にいるせいで、悪質なクレーマーに見られるのを嫌がる女の子も。許せないことがあっても女の子の前では我慢して、「どうしても」という場合は後日電話するなど、大人の対応をしましょう。


【7】仕事に慣れていない新人店員さんにも矢継ぎ早で注文する


「ちょっと待ってあげてもいいのに…」(20代女性)というように、新人に意地悪をしているか、もしくは不慣れな様子に気づけない「空気が読めない男」だと女の子は感じるようです。注文するときはメモや入力する店員さんの手元を見ながら、ペースを合わせるといいかもしれません。


【8】会計をするとき、お金を投げるようにして渡す


「そんな横柄な人だったなんて」(30代女性)というように、他人への思いやりがない男性だと女の子に思われてしまうようです。無意識でやってしまう人がほとんどなので、心配な方は店員さんにお金を手渡しするクセをつけましょう。


【9】ドヤ顔で「いつものやつ」と言い放ち、店員さんを困惑させる


「なんで上客ぶるの…?」(20代女性)というように、男性が常連ヅラをして店員さんを困らせる様子が、見ていて痛かったという女性もいます。女性の前でカッコつけたいなら、店員さんから「いつものやつですね?」と言ってくるくらいの関係を築いておきましょう。


ほかにも、「人としてどうなの?」と思われそうな行動があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(外山武史)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません