そっけない彼女にもっと世話を焼いてもらうための行動9パターン

恋愛
スゴレン
2019/04/16 10:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

そっけない彼女にもっと世話を焼いてもらうための行動9パターン


世話好きの彼女がいる友達を見て、「俺もあんなふうに尽くされたい!」と思うことはないでしょうか。たとえ自分の彼女がドライな性格でも、こちらがうまく誘導すれば、こころよく甘えさせてくれるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「そっけない彼女にもっと世話を焼いてもらうための行動」をご紹介します。


【1】遠慮がちに弱音を吐いて、母性本能をくすぐる


「仕事でミスった話をしたら優しくしてもらえて、この手があったか!と思った(笑)」(20代男性)というように、傷ついた姿を見せて、癒しを求めるパターンです。とはいえ、頻繁にウジウジしても呆れられるだけなので、ここぞというときにだけ繰り出しましょう。


【2】以前してくれたことに対して、ことあるごとに感謝する


「『あのときは助かった』と言い続けたら、やってくれるのが習慣になった」(20代男性)というように、ひたすらありがたがって、「またお世話してあげよう」と思わせる作戦です。そのときだけお礼を述べるのではなく、何度も口に出して感謝するのがポイントでしょう。


【3】料理の腕前や気配り上手な点をベタ褒めする


「ウマイウマイと絶賛したら、『次は肉じゃが作るね』と乗り気になってもらえた」(20代男性)というように、「褒めて伸ばす」方法も効果的でしょう。彼女に重い腰を上げさせるには、「俺には絶対ムリ」などと大げさに称賛するくらいでちょうどいいかもしれません。


【4】だらしない身なりのまま現れて、多忙ぶりをほのめかす


「『洗濯しといてあげようか?』と向こうから提案してくれた」(20代男性)というように、家事などを代行してほしい場合は、時間に余裕がないことをアピールするとよさそうです。嘘がバレたらおおごとなので、それなりに忙しい時期を選びましょう。


【5】コンコン咳き込むなど、露骨にならない程度に体調が悪そうにする


「風邪を引いたときは、一応心配してもらえました」(10代男性)というように、普段はそっけない彼女でも、体調不良を訴えれば、さすがに飛んでくるかもしれません。言葉でつらさを訴えるより、うつろな目を向けるなどの態度で示したほうが、危機感をあおれそうです。


【6】苦手なことでも自分なりにがんばって、ダメっぷりをさらけ出す


「見ててイライラしたみたいで、『私がやる!』と包丁を奪われた(笑)」(20代男性)というように、不得手な家事などに奮闘する様子を見せることで、助けを求める手もあります。「やる気はある」というエクスキューズにもなるので、まずは自力で取り組みましょう。


【7】アドバイスには素直に従い、「よい生徒」を演じてみせる


「熱心に聞くフリをしながら、結局全部やってもらっちゃいました」(10代男性)というように、低姿勢で教えを乞うて、相手を乗せてしまう方法です。「できた!ありがとう!」などと喜びを表すと、彼女の「世話好きな一面」をうまく引き出せそうです。


【8】「おまえしか頼れなくて」と相談事を持ち掛ける


「『君はいいアドバイスをくれるから』と信頼を寄せたら、しっかり時間を割いてくれた」(20代男性)というように、真面目に助言を求めれば、真摯に答えてもらえそうです。彼女の意見を無下にして頼みの綱をなくさないよう、聞く姿勢にも気をつけましょう。


【9】頼まれなくても手伝いを申し出るなど、自分も彼女に尽くす


「重い物を持ってあげたりしてるせいか、彼女が優しくなってきた気がする」(20代男性)というように、ギブアンドテイクの関係が築けたら、あれこれ画策する必要もなくなりそうです。時間はかかりますが、それによって固い絆ができるなら試して損はないでしょう。


彼女の性格や気持ちに配慮して誘導するのがコツのようです。「尽くしたい」と思ってもらえるよう、自分でも努力しましょう。(安藤美穂)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません