志尊淳、ミーハー心くすぐられた“出会い”振り返る「同じ作品に携わった感覚よりも…」

エンタメ
モデルプレス
2019/03/23 19:35
【志尊淳/モデルプレス=3月23日】俳優の志尊淳が23日、都内で行われた映画『バンブルビー』(公開中)の公開記念舞台挨拶に、土屋太鳳、木村良平、悠木碧、濱野大輝、土屋神葉と登壇した。

【さらに写真を見る】志尊淳、誕生日に“サービスカット”公開でファン歓喜 名言も飛び出す

◆志尊淳「ミーハー心をくすぐられて…」

『トランスフォーマー』シリーズの最新作で、傷ついたバンブルビーと、自分の居場所を見つけられない少女・チャーリーとの、2人の心の交流を描いた同作。土屋がチャーリーの声を、志尊がチャーリーにひそかに思いを寄せる心優しい隣人の少年・メモの声を担当している。

先日行われたジャパンプレミアには、土屋、志尊、チャーリー役のヘイリー・スタインフェルドらが登壇。この日の舞台挨拶で当時を振り返った志尊は、「ヘイリーは、ずっとハリウッドの作品で拝見していたので、『本当に実在するんだな』って。同じ作品に携わった感覚よりも、ちょっとミーハー心をくすぐられて『会えた!』という印象の方が強かったです」と心境を明かした。

◆志尊淳の質問に木村良平が回答

また、今回吹き替え声優初挑戦となった志尊は、この日並んだ声優陣に役のアプローチ方法を質問。木村が、台詞と台詞の繋がりを意識して立体的に役を考えること、作品全体のバランスを考慮して声のトーンを決めることなど丁寧に解説すると、志尊はもちろん、土屋も、同じ声優たちも感心していた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません