送別会で送られる立場のとき、気になる男性に「今後も連絡を取りたい」と思われる振る舞い9パターン

恋愛
オトメスゴレン
2019/03/23 09:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

送別会で送られる立場のとき、気になる男性に「今後も連絡を取りたい」と思われる振る舞い9パターン


3月は送別会が多くなるシーズン。自分が送られる側の場合、多くの人にとって送別会は気になる男性に意識してもらう最後のチャンスです。そこで、『スゴレン』男性読者の声をもとに、「送別会で送られる立場のとき、気になる男性に『今後も連絡を取りたい』と思われる振る舞い」を紹介します。


【1】送別会中、男性と頻繁に目を合わせる。


「何か最後に話したいことでもあるのかなって、すごく気になる」(20代男性)というように、頻繁に目を合わせるだけで、男性は女性のことが気になるようです。気になる男性の方向を、意識して見てみるといいかもしれません。


【2】男性の話に相づちを打ったり目を見るなど、興味深そうに聞き入る。


「俺に興味を持ってくれてるなら、今後も連絡取ったりしたいなって思う」(20代男性)などの意見からわかるように、真剣に話を聞いてくれる女性を、男性は意識するようです。気になる男性の近くに座れば、自然と男性の話を聞けるでしょう。


【3】大勢いる中で、積極的に特定の男性に話を振る。


「他の人とは違う接し方って、素直にうれしいし、その女性が気になってくる」(30代男性)というように、女性からの特別扱いを察知する男性もいるようです。何人かで話しているときに「○○さんはどう思います?」など、問いかけてみるといいかもしれません。


【4】送られる側でありながら、大皿の料理を取り分けるなど、気を配る。


「主役なのに、そういう気配りを自然とできる子って、謙虚でいいなって思う」(30代男性)など、どんな立場でも気配りができる女性を、魅力的だと感じる男性は多いようです。ただし、恩着せがましくならないよう注意しましょう。


【5】男性に対して「実は気になっていたんだ」と、思わせぶりなことを言う。


「『なんでもっと早く言わなかったの!』って、ドキドキしたことがある!」(20代男性)という経験談もあるように、好きだったことをそれとなく伝えれば、男性も「えっ、本当に!?」と、意識してくれるでしょう。


【6】男性の隣に座り、「ここって落ちつく」と伝える。


「隣の席で『落ちつく』とか、急に言われたら気にならないわけないでしょ」(20代男性)というように、女性のさり気ない一言を、男性は意識しているようです。男性に聞こえるくらいの声量で、独り言っぽく言ってもいいでしょう。


【7】「連絡とか、してくださいね」とアピールする。


「何気ない一言だけど、本当は連絡してほしくなかったら言わない一言だと思う」(20代男性)など、女性の一言をそのまま受け取る男性もいるようです。自分から積極的にいけない女性でも、使える一言といえるでしょう。


【8】上司や先輩など、一人ひとりにしっかり挨拶をして回る。


「お世話になった人に挨拶ができる子って、人としてしっかりしてて魅かれる」(40代男性)のように、女性の同僚に対する姿勢を見て、「いい子だ」と感じる男性もいます。どこで誰が見ているかわからないので、送別会中は意識して動く方がいいかもしれません。


【9】「お世話になりました」と挨拶をしながら、涙をこらえる。


「そんなに離れたくないんだって感じるし、『俺も忘れない』ってずっとその子のことを覚えてる気がする」(10代男性)などの意見から、別れを惜しむ気持ちを隠さない女性の素直さに、ドキッとして意識し始める男性もいるようです。


ほかに「送別会で送られる立場のとき、気になる男性に『今後も連絡を取りたい』と思われる振る舞い」には、どんなものがあるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません