《LINE》彼氏の返信頻度が減ったら、絆が深い「本物のカップル」になれるとき!

恋愛
ハウコレ
2019/03/21 21:01
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

《LINE》彼氏の返信頻度が減ったら、絆が深い「本物のカップル」になれるとき!

突然ですが、今私は猛烈に“恋愛あるある”が言いたいです。(どこの芸人だ)恋愛あるある〜早く言いたい〜!恋愛あるある〜!「付き合い出してしばらくすると、LINEする頻度が減りがち〜!」あるあるすぎません?というか、現在進行系でこの“あるある悩み”を抱えている人、たくさんいると思うんですよ。そこで今回は「彼氏とLINEをする頻度が減った時、何を考えてどう行動したらいいか」を徹底的に考えてみたので、一緒にチェックしていきましょう。

■◇彼氏の返信が遅くなってもあなたを「好き」な気持ちは変わらない

いつかの私も、彼氏と付き合いはじめてしばらく経ってから「返信がなかなか来ない…」とモヤモヤして悩んでいた時期がありました。「こうして連絡を取っていない間に、他の女と会っていたらどうしよう…」「もしかしたら私は、彼にとって都合の良い女って存在なだけかもしれない…」一人で勝手に悩んではボロボロ泣いて、苦しい思いをしていました。しかし、ただ泣いているだけじゃ何も解決できないと思って彼氏に「最近、LINEの頻度が少なくなってきたね…忙しい?」と、恐る恐る聞いてみました。すると、彼からは…「いや?全然…普通だけど」あっけない返事が返ってきたんです。しかも続けて、「LINEのやり取りが少なくなってきたから、不安になっているんでしょ?大丈夫だよ、別に冷めたとかそういうんじゃないから」なんて言い出して。え〜〜〜〜〜!!!!!何この人めちゃくちゃかっこいいこと言うじゃ〜〜〜〜ん!!!!!と思った単純な私…その後の彼が喋った言葉に思わず納得してしまいました。

■▽《男性心理》彼がいつもLINEをどう使っているのか分かれば、不安も解消できる

「俺さ、LINEは本当に必要最低限のことでしか使わないんだよね。めんどくさがりな性格しているから、いちいち文章を打つのだるくなっちゃって。極力、寂しいと思わせないようにするけど、そういう時はLINEじゃなくて電話になるかもしれない…」「でも忘れないで欲しいのが、LINEの返信が無くても好きじゃなくなったとか嫌いになったとか、そういうのは全くないから。それだけは安心して」彼は自分の性格をきちんと伝えた上で、LINEに対してどう思っているのかを私にちゃんと伝えてくれたのです。おかげさまで「返信がないから好きじゃないのかも…」という不安から解放されました。このように、彼が“LINE”というツールに対しての意識をどのように持っているか、この辺はチェックをしておいた方が良いでしょう。あなたは毎日LINEのやり取りをして彼とコミュニケーションを取りたいかもしれませんが、彼はもしかしたらLINEではなく電話でコミュニケーションを取りたい派かもしれませんし、1回のデートで満足して普段の連絡はあまり取らない人かもしれません。“彼が離れている時の連絡に対する考え”を建設的に聞いて、LINEに対するお互いの溝を埋めるように意識すると、あなたが今抱えている不安も少しは解消されるはずですよ。関連記事:《男子のリアル》会えない日、LINEが来るよりも嬉しい「彼女の行動」って?

■◇彼の言葉で分かった…「量より質を大事にする人」がこの世にはたくさんいることを

この彼は、さらにLINEに対して深いところまで話をしてくれました。「俺も含めて恐らく多くの男がそうだと思うんだけど、LINEに対しては基本的に“量より質”って思っている節がある」「だから俺は、1回のLINEでどれだけ深い話ができたか…を考えることがあるんだよ。お前は1日に何回LINEのやり取りをしたかっていう“量”を重要視するかもしれないけど、俺は1回のLINEでどのくらい深い話ができたかっていう“質”をよく見るんだ」その言葉をリアルタイムで聞いている時は正直「言っている意味が分かんない」「回数を重ねれば質って上がるんじゃないの?」となっていました。

■▽あなたの彼は、日記みたいな雑談が苦手かも?これまでのLINEをチェック

しかし1人になった時、ふと彼とのLINEを見返してみると不思議なことに“深い話”をしている時は彼とのLINEが続いているんです。例えば、彼の仕事の話。そして、当時の私はまだ学生だったので勉強や当時していたアルバイトの話。もちろん、最初はどれも“愚痴”からスタートしているんですけど、話が進んでいくうちに「問題解決に向けた会話」や「仕事や勉強に対して自分がどう思っているか」といった現実的な会話をしていることに気づきました。逆に彼から返信が来なくなった時のLINEを見てみると、私が一方的に「今日は何があった」「友達とこんなところに行ってきた」という、いわゆる“日記LINE”を送っていることが多かったんですよね…。「彼と全然LINEのラリーが続かない…」と悩んでいるのであれば、1人の時に彼とのどんなLINEのやり取りをしているか見返してみましょう。ただの雑談だったり、一方的な日記LINEを送ったりしているようであれば、彼から「返信する必要のないLINE」と判断されている可能性が考えられます。そうなると、必然的にLINEのやり取りが減っていってしまうのも無理はないのかも…。

■◇対処法。男友達にもLINEを送って“男性の本質”に触れてみよう

彼を含む男性からのLINEの返信が遅いと不安になる女性の特徴の一つに、“男友達が少ない”というものが挙げられます。彼のLINEの返信が遅くても余裕がある女性というのは、不思議なことに男友達が多いことがあるんですよね。しかも、割と仲が良い男友達ばかりで、何故かお互い“恋愛対象”として見ている気配がない系の付き合いをしているんですよ…本当に不思議すぎる…。まあ少し話が逸れましたが、男友達が多い女性は「彼も男友達もそうだけど、男の人って基本連絡遅いよね〜」という余裕を持っています。今、彼のLINEの返信が遅くて悩んでいる女性は、男友達を何人かピックアップしてLINEを送ってみましょう。即レスがくることは、恐らくほとんど無いはずです。私自身、心のどこかで“寂しい”という感情を抱えている人間なので、恋人・友達関係なく色んな人に連絡をしてしまう時期があります。そういう時期って「私は今、人と繋がっている!だから全然寂しくない!」という気持ちになるんですよね。だから彼氏からLINEの返信がなくても、なんとか平常心を保つことができます。もちろん男友達にもガンガン連絡を入れます。しかし…私「ねえ、暇」男「お〜どうした〜?」私「いや、今日ね〜…」(ここから日記LINE・雑談LINE開始)〜別の日〜私「ねー今日も暇」男「お前…いつも暇だよな…」(ここからLINEのレスがだんだん遅くなる)私「今日はこんなことがあってね〜」〜また別の日〜私「ねぇー暇―」(既読無視)私「ねぇねぇ〜」男「お前しつこいんだよ!」私「え…何か怒らせた?」男「俺そこまで暇じゃねえし!うっとうしいんだよ、お前の連絡!」私「えっ…ごめんね」男「無理!俺もうお前のこと嫌いだから!」男友達にしつこくLINEをしたら、シンプルに嫌われました。浅いLINEばかり送っていたので、“量より質”を無意識に重視している男性からしたら、確かに酷だったでしょう…。ただ、この経験によって「LINEの返信が遅くなるのは私の彼氏に限ったことじゃない」と気づくことができたのも確かです。

■◇LINEの回数や返信の早さが気になて辛いときは「魔法のことば」で解消できる!

このように、LINEの質にこだわっている彼であれば「返信が遅くなっても全然OK」「むしろ俺、絶対悪くない!」と思っている可能性があります。そんな彼氏との、LINEのやり取りの回数にこだわればこだわるほど、辛くなるのはあなた自身になってきます。しかし、その辛さをグッと我慢するのは少々短絡的。実は、あなたの辛い気持ちをやんわりと彼氏に伝える“魔法のことば”が存在するのです。それは…非常にシンプルですが、この言葉を言うことで彼氏との間に不穏な空気を流すことなく、彼の現状を把握することができます。この魔法のことばを皮切りに、彼氏が今どんな生活を送っているのか模索しつつ、あなたの“LINEが少なくて寂しい”という気持ちをぶつけるようにしましょう。「最近、忙しい?LINEする頻度が落ちた気がして寂しくなっちゃってた〜」といえば、ほんの少しだけ“かわいさ”をアピールすることができます。

■▽「返信が遅いのを直して」と圧力をかけずに話し合えば、いい関係に!

しかし、ここで注意したいのが“ただ感情をぶつけるだけ”にならないこと。そうしないと、ただあなたがワガママを言うだけになってしまうため、彼の方もあまり良い気持ちになりません。お互いがLINEというツールに対してどういう考えを持っているのか、認識合わせをしておかないとすれ違いが生じてケンカに発展…なんてことにもなってしまいます。ここを理解しあうことができれば、また彼との絆が一歩、深まったといえるでしょう。また、あなた自身も彼の浮気を不必要に疑うこともなくなるため「LINEが返ってこない…他に女がいるかも…病む…」というネガティブな気持ちになることなく、お付き合いを続けることができますよ。

■◇それでもLINEを続けたいなら、彼氏と“外デート”を頻繁にしよう

「自分の気持ちを伝えながら、彼がLINEに対してどう思っているのか分かった!」「でも私、ちょっとワガママな恋するオンナだから、どうしても彼氏と1通でも多くLINEをしたい…!」とても分かります。なぜなら、私がそうだから。お互いのLINEに対する意識の溝を埋めることができても、やっぱり少しでも多くLINEをしたいという気持ちは残ってしまうものです。そんな女性は、彼と“外デート”をすることを意識しましょう。外のデートをすることで強制的にLINEをする話題ができます。行きたいデートスポットのURLを送ったり、どんな外デートのスケジュールを立てるかを提案したり、細かいところまでいけば待ち合わせ時間はどうするかなどを話し合うことができたりもするため、LINEが途切れることが少なくなります。またこの時に、彼が「LINEするの面倒だから電話で色々決めない?」と提案してきた場合、彼がLINEを頻繁にするのが得意じゃないと判断することが可能です。どっちに転んでも、あなた自身が安心することには変わりありません。さらに、予約が必要なデートスポットをピックアップすれば、彼の返信率が高くなること間違いなし。たまには策士になってLINEが続くように試してみても良いでしょう。ただし、やりすぎには要注意。連絡をとりたいがために「あれも行きたい!」「これも行きたい!」と要望を伝えると、彼が処理しきれなくなってしまいまいます。あくまでも「次のデート」を決めるだけに止めておきましょう。

■◇LINEをする頻度が減った=彼の本当の姿を見るチャンス。今後の付き合い方が分かるかも!

恋愛において“3ヶ月”という数字は“悪魔の数字”とも言えます。もしかしたら今、あなたと彼の交際時期は“3ヶ月目”に突入しようとしていませんか?付き合う前や付き合いたての時、彼があなたとLINEする頻度が多かったのは「この子を落とす!」「嫌われたくない!」と強く思っていたがゆえの行動かもしれません。今回の悩みのように、LINEをする頻度が減ってきた時は大体、お互いの関係が少しずつ安定を見せ始めている時期と言えます。この時期になると、LINEの頻度だけでなく他にも“付き合いたてのころと違う部分”が出てくるようになってきます。でも、それは未来の2人の関係が続くかどうかの境目。あなた自身の行動を見直しながらも、彼と「自分たちなりのベストな付き合い方」を冷静に考えるようにしてみてください。

■◇まとめ:彼氏とLINEをする頻度が減った時に考えたい4つのポイント

さて今回は、彼氏とLINEをする頻度が減った時、何を考えてどんな行動をしたら良いかというポイントについて書いてきました。今回話した…LINEの返信が減っても、彼は変わらずあなたのことが好きという事実がある→彼がLINEについてどう考えているかをきちんと聞いて、今後の円満な交際につなげよう不安になるなら、男友達にもLINEを送ってみる→彼氏以外の男性の話も聞いて“LINEをどう扱っているか”理解しよう圧力かけずに「寂しい」という気持ちを上手に伝える→それでも彼とLINEを続けたいなら、外デートを提案してみてLINEの返信頻度について悩む時期=あなたと彼の関係が安定しはじめた時期→彼の本当の姿をしっかり見るチャンス!関係がより密になるはずこの4つを意識して、彼氏と上手なLINEのコミュニケーションをとるようにしましょう!好きだからこそ、彼の態度が変わってしまうことに不安を抱いてしまうこともあるでしょう。しかし、その変化をお互いにどう理解しあい、許容していけるかで2人の関係の密度が変わってきます。あなたにとって彼のLINEの返信が少なくなったことは不安要素になっているかもしれませんが、彼からしたら実はそうでもない…ということだって考えられるのです。この“時期の変化”にしっかりと対応して、彼との絆をグッと深めていきましょう!(ヤジマユウキ/恋愛コラムニスト・官能小説家)(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません