男性が思う「一緒にいて楽しい女性」の特徴9つ

恋愛
マイナビウーマン
2019/03/15 19:10

「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛コラムニストのTETUYAです。

恋愛が長続きする女性は、まちがいなく、時間を忘れるくらい「一緒にいて楽しい人」のこと。

いくらビジュアルがよくても、性格がよくても、恋愛が長続きするかどうかの保証はありません。今回は恋愛が長続きする「一緒にいて楽しい人」について書いてみます。

■男性が言う「一緒にいて楽しい人」とは?

「一緒にいて楽しい人」はどういう人でしょうか。女性の中には、男性に何かおもしろいことを言わなければと思っている人もいるかもしれませんが、そうじゃありません(苦笑)。

大切なのは、男性の話に「どう対応するか」の部分。

そう、一緒にいて楽しい人は、「リアクションのいい人」なんです。

基本、男性は女性を楽しませようと、がんばって話します。そんながんばりに、いいリアクションで応えてあげる女性を、男性は「一緒にいて楽しい人」と認定するんです。

リアクションのいい女性は、男性との会話で相づちを適度に打てるし、ちゃんと相手の目を見て話を聞けます。

ときどき、「すごいですね」「さすがですね」といった、男性のプライドをくすぐるフレーズも絶妙に挟んできます。

あなたは、リアクションはいいほうですか? あまりリアクションを意識したことがなかったら、これからは少し意識できるといいですね。

■脈ナシ? 男性から「一緒にいて楽しい人」と言われたら……

脈アリか脈ナシは、シチュエーションによって変わってきます。そのシチュエーションとは2つあります。

ひとつ目は、誰かに「○○さんと付き合ってみたら?」と交際を勧められたときの答えなら、残念ながら脈ナシでしょう。男性の本音としては、ストレートに「タイプじゃない」と言いづらいから、相手を傷つけたくない意味で、オブラートに包んで言っている場合が多いです。

2つ目は、男性自ら女性に「○○さんと一緒にいると楽しい」と告白してきた場合。このときは、脈アリだと思ってください。本音としては、「好き」「タイプ」と恥ずかしくて言えないから、遠回しに「一緒にいて楽しい」と言っているんです。

脈アリか脈ナシかのポイントは、誰かに交際を勧められたときの答えか? 自発的な告白か? が分かれ目です。

■「一緒にいて楽しい女性」に共通する特徴9個

◇ポジティブな女性

うしろ向きな発言をしないポジティブな女性は、一緒にいて楽しいですよね。話していると自分自身ももっとがんばらなきゃと鼓舞されるから、そういう女性とはまた会いたいと思います。

◇話を拾ってくれる女性

つまらないトークでも、拾ってくれる女性は一緒にいて楽しいです。「つまらない」とドSっぽく言ってくれても、別にいいんです(笑)! それより、無視されるほうがもっとつらいですから。

◇会話を深めてくれる女性

男性の会話を深めてくれる女性も、一緒にいて楽しいですね。話を深めるということは、男性の会話に対して、「それってどういうこと?」「もっと教えてほしい」のように、興味深く会話を広げてくれること。この態度が、男のプライドをくすぐるんです。

◇褒めてくれる女性

褒められてうれしくない男性なんていません(笑)。だから男性の会話に対して、「すごい」「さすが」と上手に乗せてあげてください。大人になると、日常で褒められることはなかなかありませんから。褒められたい欲求は満タンになっています。

◇付き合いがいい女性

一緒にいて楽しい女性は、付き合いがいい。唐突な飲みの誘いにも、「行っちゃう(笑)?」とノリよく来てくれるだけで、男性としてはテンションがあがります。

◇頭の回転が速い女性

頭の回転が速い女性は、一緒に話していておもしろい。なぜなら、質問しても瞬時に的確な答えを返してくれるから、気持ちいいですね。

◇雑学にくわしい女性

いろんなことを幅広く知っている女性も一緒にいて楽しいです。会話をしていて「知らない」と言われると、たまに冷めてしまうことがあります。広く浅い知識を持っていると、「この子、話が合う」と男性に思ってもらえる確率はあがるかなと思います。

◇お酒が飲める女性

特にお酒が飲める男性にとって、お酒が飲めないより飲める女性のほうが、何かと一緒にいて楽しいですね。自分がお酒飲んでいるのに、相手の女性が飲んでいないと、自分を十分にさらけ出しづらいですから。

◇笑顔が素敵な女性

一緒にいて楽しい女性の顔が暗かったらすべてが台なしです。笑顔が苦手な人がいたら、鏡を見て日々訓練するといいですね。

■恋愛で「一緒にいて疲れる人」とは?

◇話が長い、愚痴が多い

一緒にいて疲れる女性は、とにかく話が長い。しかも何を言いたいのか、よくわかりません。また、話の内容が会社や友だちの愚痴ばかりのときも、聞いていて嫌になります。

◇自己中心的

すべて自分中心に回っていると勘ちがいしている女性。自分が一番じゃないと気がすまない。そして、判断基準もすべて自分。こういうタイプは、自分都合でベタベタしてきたりするので、その理不尽なギャップに疲れます。

◇情緒不安定

さっきまであんなに明るかったのに、急に機嫌が悪くなったり、ずーっと不機嫌だったり。男性からすると、どうしていいかわからない、お手上げ状態。こういうタイプも一緒にいると疲れちゃいます。

■男性にとって「一緒にいて楽しい人」になるには?

まずは、「リアクションを磨く」ことが簡単でしょう。リアクションを磨くための3つのポイントを紹介します。

◇相手の目を見つめる

これは基本ですが、意外とできていない人が多いです。彼と話すときは、必ず相手の目を見つめることです。「俺のこと好き?」と勘違いさせるくらいの気合いで。

◇相づち

男性と会話をしているときの、うなずきですね。これも適度にしましょう。あまり縦に首を振り過ぎると、餌をもらう前の犬みたいになるから気をつけてくださいね。

◇適度なコメント

黙って聞いていると、男性としては「ちゃんと話を聞いているの?」と不安になります。ときおり、自分の意見や感想(どちらかというと共感)を、言ってあげるといいですね。長い言葉じゃなくて大丈夫です。「そうだよね」「確かにね」などの共感を示されると、男性は安心します。

まずはリアクションを磨いてみよう

「一緒にいて楽しい人」は、同性からも同じような評価を受けているはずです。一度、同性の友だちに「私と一緒にいて楽しい?」と聞いてみるといいかもしれません。さらに、「どうしてそう思うの?」とも聞いてみて、自分を楽しいと思ってもらえているポイントも知っておくといいのではないでしょうか。

あとは、今回お伝えしたリアクションを磨くポイントを、無意識でもできるくらい徹底的にやってみてください。まずはそこからはじまります。

(TETUYA)

※画像はイメージです

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません