大型フードコートでも、彼女に「デート気分」を感じさせる演出9パターン

恋愛
スゴレン
2019/03/15 16:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

大型フードコートでも、彼女に「デート気分」を感じさせる演出9パターン


行動範囲や自由に使えるお金が限られているカップルにとって、最寄りの大型フードコートは普段のデートに欠かせない場所。たとえほかに選択肢がなくとも、彼女に「またここか」なんて言わせないためには、どのようにして特別感を演出するといいのでしょうか。そこで今回は、10代から30代の独身女性203名に聞いたアンケートを参考に「大型フードコートでも、彼女に『デート気分』を感じさせる演出9パターン」をご紹介いたします。


【1】「ハンバーガーもラーメンもパフェもあるぞ!」と、テンションを上げる


「子どもモードになれば天国に見える」(10代女性)というように、初心にかえれば大型フードコートは「何でもある」魅惑的なスポットです。「大好物ばっかりだ!」と、あえて子どものようにはしゃぐことで彼女を楽しい気分にさせてあげましょう。


【2】「ここは日が当たらないし景色がいい」と、特等席を確保する


「席の確保にがんばってくれるとうれしい」(10代女性)というのが女性の本音だけに、たとえ混んでいても最善の席を探す姿を見せたいところです。事前にネットや情報誌を眺めて、比較的空いている時間帯や穴場をリサーチしておきましょう。


【3】「座って待っててね」と、2人分の料理を買って持ってくる


「いつものデートでもちゃんと特別扱いしてほしい」(20代女性)など、彼女に愛情を示したいなら率先してウエイターになりましょう。彼女が食べたいメニューが売り切れだった場合を想定して、第二希望まで聞いておくのをお忘れなく。


【4】紙ナプキンや水をさりげなく入手してくる


「なんて仕事ができる男なの!」(20代女性)と、セルフサービスのアイテムを用意できるかどうかで「気遣い」ポイントに差がつきます。逆に彼女が用意してくれた場合は「ありがとう」「気が利くね」と、忘れずにお礼を言いましょう。


【5】近くで子どもが騒いでいても全力スマイルを向ける


「嫌悪感を表に出すのは問題外」(10代女性)など、デート気分を阻害する子どものわめき声にもさわやかに対応するのが大人の心得です。笑顔でちびっ子を見ながら「ところで子どもは何人欲しい?」と将来トークを始めれば、彼女への揺るぎない愛をアピールできそうです。


【6】「サラダとポテトをトレードしよう」など、料理のシェアを自由に楽しむ


「せっかくならいろんなものを食べたい」(10代女性)という女性のニーズに応えるには、カジュアルなフードコートはうってつけの場所。自分はあえて「彼女が2番目に食べたかったメニュー」を注文して、気兼ねなく料理のシェアを楽しませてあげましょう。


【7】「疲れてない?」「寒くない?」など、彼女の体調を気遣う


「空調が効きすぎな店だとテンションが下がる」(30代女性)というように、デートが台無しになる前に彼女の体調にも気を配りたいところです。食後に席を立つ前に「お手洗いは大丈夫?」と聞くなど、タイミングの良い気遣いで包容力を見せつけましょう。


【8】「2人で全店舗を制覇しような」と、今後も通うことをほのめかす


「目標ができると楽しくなりそう」(10代女性)というように、たとえ近所の大型フードコートでも独自のルールや目標を作れば違った楽しみ方ができそうです。「同じSNSに全メニューの口コミを投稿し合う」など、通う楽しみを見出せるような目標を考えましょう。


【9】「ちょっと待ってて」と言って食後のデザートを買ってくる


「スイーツを与えられたらいつでも幸せになれる(笑)」(20代女性)というのが多くの女性の意見なので、抜かりない目配りが必要でしょう。自分は甘い物が苦手だとしても、彼女の笑顔を見るためなら、自分からデザートタイムを提案するのが吉となりそうです。


どんなに庶民的なフードコートでも、デートを盛り上げるなら「サービス精神」を忘れたくないもの。細やかな気配りで特別感を演出してあげましょう。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計203名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません