女性が「この人に奢ってもらうわけにはいかない」と感じる相手9パターン

恋愛
スゴレン
2019/03/15 14:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

女性が「この人に奢ってもらうわけにはいかない」と感じる相手9パターン


男性に奢られることを喜ばない女性はほとんどいないでしょうが、状況によっては、お金を出してもらうことに気が引けることもあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「女性が『この人に奢ってもらうわけにはいかない』と感じる相手」をご紹介します。


【1】絶対に結婚したいと思っている人


「イヤな女と思われたくないので」(20代女性)など、将来を考えている相手に対し、良い印象を残そうと気を使う女性もいるようです。デートの際、常に女性にワリカンを提案されるようであれば、結婚を意識する相手と思われているのかもしれません。


【2】自分より3つ以上年下の人


「女も上下関係って意識しますから」(20代女性)など、ある程度年が離れている場合は、相手が男性であってもワリカンが普通と考える女性もいるようです。かたくなに「男だから奢るべきだ!」と意地を張ると面倒くさいと思われがちなので、先輩女性からワリカンを提案された場合は素直に受けるのがベターでしょう。


【3】女性慣れしていない人


「奢られるのが悪いというか、奢られても嬉しくないというか…」(30代女性)など、弱い者にたかるような罪悪感や後味の悪さを覚える相手とはワリカンにしたいと考える女性もいるようです。女性との食事に慣れていない人は、無理に「できる男」を演出しようとせず、素直な姿勢でデートに臨むほうがよさそうです。


【4】学生同士や同期入社など、収入が近い人


「ワリカンじゃないと不自然!」(20代女性)など、収入の差がないのに一方的に奢ったり、奢られたりするのはあり得ないと女性が考えるパターンです。「経済状態が似ている者同士でも、常にワリカンは、それはそれで寂しい」と考える人は、奢ったら、次は奢ってもらうなどのラリーを通じて親交を深めるのもアリでしょう。


【5】デートで食事以外のものを奢ってくれた人


「せめてものお返しを…と思います」(20代女性)など、デート代をすべて払ってもらうのはさすがに悪いと感じる女性もいるようです。デート中はさまざまな出費が発生しますが、その内のひとつでも自ら払うことで、女性は居心地の悪さを感じずに済むのかもしれません。


【6】大食漢や大酒飲みではない人


「たくさん食べなければ、ワリカンでも大した支払いにならない」(20代女性)など、2人でバランスよく消費したのでワリカンが妥当と考えるパターンです。また、「飲めないと言っているのに飲み放題に連れてくのであれば、当然奢るべき」(20代女性)という意見もあるように、支払いに関しては「納得感」が大切なようです。


【7】恋愛対象には考えられない人


「奢られたほうが、実はマイナス」(20代女性)など、付き合いを深めたくない男性には借りを作りたくないと思う女性もいるようです。脈ナシと感じた女性に対し、奢って気を引こうとするのは逆効果なのかもしれません。


【8】給料日前の人


「無い袖は振れませんからね」(20代女性)など、金銭的に苦しいことが明白な男性に奢られるのは、女性としても心が痛むようです。「月末は苦しいよね…」と軽く金欠具合をにおわせるだけで女性に察してもらえる可能性は高そうです。


【9】フリーターで収入が高くない人


「無理させるのはイヤですね」(20代女性)など、自分より収入の低そうな人から奢られるのは女性としても気が引けるようです。女性をリードするために奢りたいと思う人は、「この金額ならいいか…」と女性が思えるくらいの比較的リーズナブルなお店に誘うのがいいのではないでしょうか。


ほかにも「女性が『この人に奢ってもらうわけにはいかない』と感じる相手」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません