男性が「既読無視」する意外な理由

恋愛
マイナビウーマン
2019/03/14 19:10
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

男性が「既読無視」する意外な理由


LINE。

スマホ時代の現代においてなくてはならない連絡ツールであるLINEは、その便利さと引き換えにあるひとつの問題を我々に与えました。

それが「既読」問題です。

もともとは災害時の安否確認の手段として搭載されたツールですが、平穏な日常において「既読」は問題の火種として牙を剥きます。

いわゆる既読無視。

既読無視にあーだこーだ言うのは中学生くらいで卒業したいものですが、そうとわかっていても好きな人に既読無視をされると悲しいのはまちがいありません。

しかし「既読無視」だからといって、脈がないと考えるのは早計です。

男性が既読無視をするのは、「好意がない」以外にも多くの理由が存在するのです。

■男は基本的に喋らない

「男性から返信が来ない……」と不安に感じていらっしゃる女性は多いことでしょう。

確かに返信がなければ不安になるものですが、その前にまずこちらの数字をご覧くださいませ。

・男性:7000

・女性:20000

これはメリーランド大学の研究であり、男女が1日に発する単語数の平均でございます。

ご覧いただいた通り、女性の単語数は男性の約3倍。基本的に男性は、女性の半分も言葉を発さない生き物なのでございます。

この数字がLINEにもそのまま当てはまるかはわかりませんが、少なくとも男性のほうが多くLINEをするということはないでしょう。

つまり、男性は根本的にあまり喋らない生き物なのです。もちろん、それだけで女性の不安が簡単になくなったりはしませんが、好き嫌いに関係なく、男は喋らないということをご理解いただければ幸いです。

たとえば、ペットに話しかける方は多いですが、その際にペットが返事をしなかったからといって「この子は私のことが嫌いなのかな……?」と不安になる方はいらっしゃらないことでしょう。

それは「ペットは喋らない」ということを知っているからにほかなりません。

ここまで極端な例はともかく、「男性は基本的に喋らない」ということを知っていれば、だいぶ不安は軽減されるのではないでしょうか。

■男性はなぜ既読無視をするのか

さて、だいぶ話が脱線してしまいましたが、男性が既読無視をする理由を考えてみましょう。

男性が既読無視をする理由は大きく分けて4つ。

◇1つ目は「関係モチベーション」

これは相手との関係性によっては、返信をしないということでございます。

女性が不安になるのはおそらくこの点でしょう。

つまり「男性から嫌われているから返信が来ないのではないか?」という不安。

確かに嫌いな相手から連絡が来ても、返信をしないのは当然のことでしょう。しかし、これが原因の場合「返信が来たり来なかったり」ということにはなりません。

永遠に返信がないのです。ですので、「返信があるときとないときがある」場合は、関係モチベーション以外の理由があるとお考えくださいませ。

◇2つ目は「内容モチベーション」

男性は、言葉に「意味」を持たせたがる人が多い傾向にあります。

たとえば「今日ラーメン食べたんだ!」というLINEが来た場合、男性は何かしら意味のある返事ができると思わないと、なかなか返信しないのです。

また、男性は女性と比較して嘘を苦手とするので、おいしそうと思っていないのに「おいしそうだね」という返信をすることができません。興味がないのに「それどこのラーメン? 今度行ってみたい!」とも言えないのです。

すると「はい、読みました」以外の意味を持たせることができません。しかし、それは「既読」をつけることですでに伝えてしまっている。そうすると、男性は送るべき「意味」がなくなってしまうのです。

◇3つ目が「時間」

LINEに文字を入力するだけなら数秒で終わる話でございますが、返信をするためには、文章を理解し、自分なりの意味を考え、どのような意見を言うか決定し、それを言語化し、入力するという流れが必要なのです。

これだけの作業を行うための時間がないと、LINEの返信はできません。

◇4つ目「体力」

インプレスが行なった男女のストレス解消法についてのアンケートで、最も大きな差が生まれたのが「会話」でございます。

ストレス解消法として会話を挙げた女性の割合は、なんと男性の6倍以上。女性にとって会話がストレス解消法であるのに対して、男性は会話でそこまでストレスが解消されません。

つまり、女性にとって「会話」はエネルギー回復アイテムですが、男性にとってはエネルギー回復アイテムになるどころか、どちらかといえばエネルギー消費アイテムなのです。

仕事が終わり体力0になっている状況であっても、多くの女性はLINEを送ることが可能でしょう。それは女性にとって会話が「回復アイテム」だからでございます。

一方で、会話によって体力が回復しない男性にとっては、仕事終わりのLINEは、ただでさえ少ない体力をさらに削る行為でしかありません。

返信がなくても脈がないわけではない

このように男性が既読無視をする理由は、非常にたくさんございます。

先ほどの4つの原因のうち、女性との関係性で決まるのは1つ目の「関係性モチベーション」だけ。残りの3つは女性への好意に関係なく発生する問題なのでございます。

ですので、既読無視をされてしまったからといって、脈がないと落ち込む必要はございません。3/4は好意とは関係のない理由なのです。

一方で、逆に返信があった場合、これはやや前向きに捉えてもいいでしょう。

男性が返信をするためには6つのハードルを乗り越えなければなりません。

そしてその6つ全てが満たされたこそ、男性は返信をしているのです。その中には当然ですが「関係性モチベション=好意」も含まれているのです。

なかなか返信をしない男性だからこそ、返信がなくても落ち込む必要はなく、逆に返信があったら喜んでいい。そう考えると、LINEに非常に前向きになれるのではないでしょうか。

(ラブホの上野さん)

※画像はイメージです

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません