ナース(看護師)とデートするための7つのポイント

恋愛
スゴレン
2019/02/22 07:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

ナース(看護師)とデートするための7つのポイント


入院した病院でキレイなナース(看護師)と出会い、つい好きになってしまった方もいらっしゃると思います。今回は、ナースと付き合った人や結婚した人の経験談を踏まえ、「ナース(看護師)とデートするための7つのポイント」を作りました。


【1】老人が多い病院に入院すること。


老人が多い病院であれば、「若さ」は大きなアピールポイントとなります。ナース(看護師)が普段接している高齢者の方よりも、年齢が近い男性の方が、会話も弾み、仲良くなる可能性は高まります。


【2】知らない土地の病院に入院すること。


「知らない土地」であることで、ナース(看護師)さんに色々と教えてもらうための大きなキッカケとなります。「相手に知らないことを教えて、相手が喜ぶ。」というコミュニケーションは、多くの人が心地よいと感じる会話です。ナース(看護師)さんに、その土地柄や有名スポットについて聞聞き出し、話をするナース(看護師)さんに会話の心地よさを提供してはいかがでしょうか。


【3】飲食店を紹介してもらうことでキッカケをつくること。


「どこか美味しいお店はありますか?」と飲食店を紹介して貰いましょう。この会話が、デートに漕ぎつけるための大きなキッカケとなります。「単にデートしてください。」とアピールするよりも、飲食店を紹介して貰うなどの目的が明確であった方が、デートできる可能性が高まります。


【4】連絡先は、紙で渡すこと。


仕事中にしつこく連絡先を聞くことは、ナース(看護師)さんにとっては、迷惑な行為となります。スマートに連絡先を書いた紙を渡し、連絡が来ることを待ちましょう。もちろん、メールが苦手のナース(看護師)さんもいるかもしれません、メールアドレスだけではなく、電話番号も書いておきましょう。


【5】「優しい人だから。」という理由で連絡先を渡さないこと。


「優しい人だし、タイプです。デートしてください。」という理由で連絡先を渡すことは避けるようにしましょう。というのも、ナース(看護師)の仕事の役割の一つとして、「優しく接している」側面があります。従って、デートというプライベートの領域においても、そのような「優しさ」を求めるようなアプローチでは、ナース(看護師)もゲンナリしてしまいます。


【6】退院間近になってから、アプローチすること。


もちろん、退院しなければ、デートすることはできません。また、入院初期からアプローチしても、変な噂が広まり、入院期間中に嫌われる可能性もあります。退院間近になり、十分にコミュニケーションを取った段階で、連絡先を渡すなどのアプローチを試みるようにしましょう。


【7】勇気を出すこと。


勇気を出しましょう。ナース(看護師)は仕事柄、弱っている男性に対して優しく接するので、連絡先を渡されることに慣れているようです。拒否されることを恐れずに、積極的にアプローチしましょう。また、ナース(看護師)は不規則な生活であるため、恋人がいない場合が多いそうです。これも勇気を与える情報ではないでしょうか。皆様の健闘を祈っております。


ナース(看護師)とデートまで漕ぎつけた方は、どのようにアプローチしたのでしょうか。その他のポイントがあれば、是非、教えてください。

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません