キスマイ宮田俊哉「やっぱり玉森好き」玉森裕太への愛が話題

ニュース
モデルプレス
2019/02/12 13:37
【宮田俊哉・玉森裕太/モデルプレス=2月12日】Kis-My-Ft2の宮田俊哉が、12日放送の火曜レギュラーを務めるKBC九州朝日放送「アサデス。KBC」(毎週月〜金曜あさ6時)に出演。映画「トラさん〜僕が猫になったワケ〜」(2月15日公開)の主演・北山宏光へのインタビューのなかで語った玉森裕太への愛が話題となっている。

【関連記事を見る】キスマイ玉森裕太&宮田俊哉“先生”が「2人揃ってアウト」 キスブサ衝撃展開に反響続々

◆宮田俊哉「やっぱり玉森好き」

宮田は、最近「猫を飼いたい」と話しているという北山に、福岡県の“猫の街”と呼ばれる宮若市にて、縁起物である置き物「追い出し猫」をプレゼント。そして「俺も家に“タマ”って猫(追い出し猫)買って、置いてあるから」と自身の家にも「追い出し猫」があることを告白。

“タマ”は、宮田と仲が良いことで知られるメンバーの玉森のことを指していると思われることから、北山も「お前玉森好きだな〜」とツッコミ。宮田は「うん、やっぱり玉森好きだから、“タマ”見つけてすぐに『買います!』って買いました(笑)」と笑顔で即答していた。

放送後、ネット上では「『やっぱり玉森好きだから』とサラッと言う宮っち…最高」「宮玉、尊い」「玉ちゃんへの愛が安定に強すぎる(笑)」「北山くんもすぐに玉ちゃんのことってわかるのがさすがすぎ」などとファンから反響が寄せられている。

◆北山宏光&宮田俊哉のほっこりやり取り

映画「トラさん〜僕が猫になったワケ〜」は、ある日突然死んだ男が猫の姿で家族の元に戻ってくるという、ファンタジーな世界観と温かいストーリーで人気を博したマンガ「トラさん」(板羽皆/集英社マーガレットコミックス刊)を実写映画化。北山が映画初出演にして初主演を飾る。

売れない漫画家・高畑寿々男役を演じる北山が、「週末の俺はダラダラしているところが似ているかもしれない。家でゴロゴロしてる」と主人公との共通点を明かすと、宮田は「俺の(北山の)イメージは、休みの日は出かけたり、ジムに行ったり…休んでいるイメージない!」と驚き。北山が「そういう時もあるよ」と話すと、宮田が「人間なんだね」と納得するほっこりとしたやり取りも見せていた。(modelpress編集部)

情報:KBC九州朝日

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません