「あのころはピュアだったな」と思い出す初恋時代のモテ努力9パターン

恋愛
オトメスゴレン
2019/02/11 15:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

「あのころはピュアだったな」と思い出す初恋時代のモテ努力9パターン


駆け引きばかりの恋愛に疲れた人は、何もかも純粋だったころの記憶を振り返ってみてはいかがでしょうか。思い悩む気持ちがクリアになり、問題解決のヒントがみつかるかもしれません。そこで今回は、10代から30代の独身女性206名に聞いたアンケートを参考に「『あのころはピュアだったな』と思い出す初恋時代のモテ努力9パターン」をご紹介します。


【1】歯磨き、朝シャンなどできる範囲で身ぎれいにした


「高校時代は、早起きして2時間くらい髪をいじってた」(20代女性)というように、かつてはやりすぎなくらい身支度に力を入れていた人は多いのではないでしょうか。ファッションにお金をかけるだけでなく、毎朝の基本ケアを重視することで、爽やかに一日を始められるようになるかもしれません。


【2】話しかけるためのネタを前日に何パターンも書き出していた


「勇気が出ずにお蔵入りでしたけど」(30代女性)というように、気になるカレとスムーズに話すために、わざわざ台本を用意していた人もいます。もし現在、男性とのコミュニケーションに悩んでいるのなら、久しぶりに「ネタ帳方式」を導入するのもアリでしょう。


【3】意中のカレが病気で休んだら、ノートを取って貸した


「ほかの子に差をつけたくて、まめに動いた!」(20代女性)というように、相手の気を引きたくて、献身的に努力するパターンです。見返りを求めず尽くしたことを思い出せば、ややこしい関係に翻弄されているときでも、自分の「本当の気持ち」に気付くことができるかもしれません。


【4】カレが好きな女性タレントの髪型をまねた


「内田有紀さんをまねてショートカットにした」(30代女性)というように、男性の好みのタイプの有名人を調べて、近づく努力をした人も多そうです。いくつになっても、目標を見つけて自分を磨くのは、キレイになる近道だと言えるでしょう。


【5】カレが好きなマンガや音楽を自分も好きになろうとした


「嫌いだった日本語ラップを聞いたりした」(20代女性)というように、気になる男性の関心分野に踏み込んで、共通の話題を作ろうとしたパターンです。今、特別気になる存在がいないとしても、世の男性の興味を押さえておけば、合コンなどで誰かと意気投合できるかもしれません。


【6】必死にダイエットをして痩せた


「いくら食べても足りない時期に我慢した自分を褒めてあげたい(笑)」(20代女性)というように、食欲旺盛なころに辛いダイエットを乗り越えた人もいるでしょう。本気で痩せたいと考えているのなら、一番輝いていたころの体重を目標にすると頑張れそうです。


【7】「これをすれば両想いになれる」というおまじないをかたっぱしから試した


「縁結びの神様のところにも行った」(30代女性)というように、恋愛成就のためなら何にでも飛びついていたという人も多そうです。引き寄せの法則ではないですが、おまじないを通じて相手を想うことは、少なからず意味があるかもしれません。


【8】少しでも目立つため、スポーツや勉強に打ち込んだ


「『頑張ってるね』って言われたかった」(20代女性)というように、自分の得意分野で注目を浴びようとした人もいます。大人の女性としては、料理やお菓子作りなどの家庭的な特技を伸ばすとメリットがありそうです。


【9】いつも一緒にいたくて、同じ部活やサークルに参加した


「強引に修学旅行のグループに入りました(笑)」(10代女性)というように、気になるカレのそばにいるために、活動の輪に飛び込んでしまう方法です。「意中の男性の行きつけの店を調べ、常連になってしまう」など、状況に合わせて応用できる作戦でしょう。


初恋のころは、とにかく相手のために一生懸命だったのではないでしょうか。こうした恋愛の「根っこ」とも言える大切な部分を、いつまでも失わないようにしたいところです。(外山武史)


【調査概要】
期間:2013年10月13日(日)から20日(日)まで
対象:合計206名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません