EXILE SHOKICHI、自身初の単独アリーナツアー開催&2ndソロアルバムリリース決定

エンタメ
モデルプレス
2019/02/09 20:00
【SHOKICHI/モデルプレス=2月9日】EXILE、EXILE THE SECONDのボーカルSHOKICHIが9日、自身初のソロツアーを開催することを発表した。

【さらに写真を見る】EXILE SHOKICHI、ヌードも披露「脱げるものは全部脱ごう」 恋愛観・セックス観も赤裸々に…

◆EXILE SHOKICHI、自身初の単独アリーナツアー開催決定

単独アリーナツアーとなる「EXILE SHOKICHI LIVE TOUR 2019“UNDERDOGG”」は、6月29日の長野・長野ビッグハット公演を皮切りに、全国6都市で全8公演の開催を予定している。

さらにツアーに先駆けて、5月15日に2ndソロアルバム「1114」のリリースも決定。前作の1stソロアルバム「THE FUTURE」から1114日。その間、EXILE THE SECONDのボーカルとして2度のアリーナツアーを成功に導き、現在はEXILEとして約3年振りの全国ドームツアーを開催するなど、ボーカリストとして進化を続けているSHOKICHI。

昨年EXILEが配信リリースした「STEP UP」では、ブルーノ・マーズの「That’s What I Like」や「24K Magic」などを手がけ、グラミー賞も獲得している世界的音楽プロデュース・チームのステレオタイプスとライティングセッションを行うなど、ソングライターとしても活躍の場を広げている。

今作の収録曲は、2018年に発売したシングル「Underdog」や、映画『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』オープニングテーマ曲に起用された「Futen Boyz」に加えて、SHOKICHIの音楽ルーツの一つでもある正統派R&Bに最新のサウンドアプローチで挑んだ楽曲「白夜」、さらには3月から2ヶ月連続配信リリースが決定している最新シングル「君に会うために僕は生まれてきたんだ」「サイケデリックロマンス」も収録される。

進化を遂げたSHOKICHIが、収録曲全ての作詞、作曲を手掛けた渾身の一作となっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません