清原果耶、雪の中で生ダンス 大舞台での初挑戦に「踊っている最中は真っ白」

ニュース
モデルプレス
2019/01/12 13:50
【清原果耶/モデルプレス=1月12日】「第97回全国高校サッカー選手権大会」の応援マネージャーを務める女優でモデルの清原果耶が12日、埼玉スタジアムで行われた準決勝第一試合の前に、横浜平沼高校のダンス部メンバーとともに応援ダンスを生披露した。

【さらに写真を見る】清原果耶、雪の中で生ダンス 熱いパフォーマンスの模様

◆清原果耶、雪の中で熱いダンス「一瞬焦りました」

史上初の試みとして挑んだ応援ダンス企画「仲間と楽しめ!!応援ダンス」。全国大会5年連続出場の神奈川県立横浜平沼高校ダンス部の部員たちとともに熱い応援ダンスで会場を盛り上げた。

雪の降る中での生ダンスとなったが、無事に踊りきった清原は、「3カ月間という短期間の中でダンス部のみなさんも私自身も練習を積んだものを今日、応援ダンスとして披露できたのですごく達成感も感じてます。まさか雪が降ってくるとは思ってなくて、踊り始めた時にすごく降ってきて、一瞬焦りましたが、雪の冷たさを吹き飛ばす位の応援をダンスに込めて踊れたかなと思ったので、それが伝わっていれば幸いです」と充実感たっぷり。

「出すもの全部出しきろう、という気持ちでフィールドには立たせていただいたんですが、曲が始まって数秒で周りの音が聞こえなくなりました。それを(振り付けの)shojiさんに伝えたら、『それはダンスに入り込めていたからだよ』という言葉をかけてくださったんですが、自分自身ダンスを踊ってる時間が一瞬で通りすぎてしまったので、もっと充実した時間を噛み締めながら踊りたかったな、という思いもあります。踊っている最中は真っ白でした(笑)」と大舞台でのパフォーマンスを振り返り、選手たちへ「皆さんこの試合に向けて、たくさん気持ちをつめて、技術面を追求しての今日だと思うので、緊張される方もいらっしゃると思いますが、仲間を信じて今までやってきたことを全力でフィールドで出していただけたら、と思います。陰で応援しています!」とエールを送った。

ピッチの選手とスタンドの高校生、視聴者が一緒に盛り上がりたいというコンセプトで企画され、番組や公式サイトで公開されていた応援ダンス。清原が踊ったのは、今大会の応援歌・Mrs. GREEN APPLEの「僕のこと」。Vo.Gt.の大森元貴が歌い上げる“人生賛歌”に乗せて、選手たちや高校サッカーに関わる全ての人たちを後押ししたいという思いをダンスで表現した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません