どうして男性は女性よりも浮気しやすいの?彼の浮気を止める方法

恋愛
ハウコレ
2018/12/12 11:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

どうして男性は女性よりも浮気しやすいの?彼の浮気を止める方法

連日ニュースを賑わしている浮気・不倫の話題。これだけ批判されているにも関わらず、どうして人は過ちを繰り返してしまうのでしょうか。あなたも一度は「わたしの彼もいずれ浮気をするのかしら?」と不安に思ったことがあるでしょう。今回は、男の浮気(そして女性の浮気)についてじっくり考えてみましょう。

■浮気に関するかなり衝撃的な調査結果

浮気に関するかなり衝撃的な調査を2つほどご紹介しましょう。大学のキャンパスで道いく学生(男女)に実験者が以下の3パターンで声をかけました。1)『あなたのこと、前から気になっていたんです。今晩、デートでもどうですか?』2)『あなたのこと、前から気になっていたんです。今晩、私に家に来ませんか?』3)『あなたのこと、前から気になっていたんです。今晩、セックスしませんか?』これに対する男女別のYESと答えた割合は以下の通りです。1)デート:男性50%、女性56%2)家:男性69%、女性6%3)セックス:男性75%、女性0%恐ろしいですね。男性はデート<家<セックスの順番でYESと答える割合が多くなり、女性はセックス<家<デートの順番でした。この実験から突きつけられることは、男性は常に女性との性交渉を求めているということ。誠に残念ながらこれは統計的に揺るぎない事実なのです。また、浮気には「身体的な浮気」と「精神的な浮気」がありますが、パートナーにされると嫌なのはどっちですか?というアンケートを取ったところ、男性は「身体的な浮気」61%・「精神的な浮気」39%、女性は「身体的な浮気」13%・「精神的な浮気」87%という結果になりました。これは女性が身体的な浮気に走ると新しく子ども産む可能性があるからであり、男性が精神的な浮気に走ると自分の子どもの面倒を見なくなることを恐れているからだとされています。

■男性は「性欲」、女性は「相手」を浮気に求める

これらの調査が教えてくれることは何かというと、男性は『性欲』で浮気をし、女性は『相手』で浮気をするということです。これは男性と女性の生殖機能も関係していて、人間は本来、より多くの遺伝子を残していく上で、乱婚型の進化を遂げた生き物です。ですから、そもそも男性はより多くの性交を本能的には求めてしまう生き物なのです。逆に女性はオスの数よりも、そのオスの質を求めます。一度に育てられる子供の数には限界がありますから、より優秀な遺伝子を残すために厳選するわけです。

■彼の浮気を防止するカギは「性欲」?

女性のみなさんには割と残酷な結論をお伝えしなくてはなりません。それは、今の彼とどれだけ仲が良く、幸せな関係を築けていても、男性は『性欲』でアッサリと浮気する可能性が高いということ。女性にとっては「は?」とキレたくなる話だと思うのですが、もしこの記事を彼が読んだら「これは認めざるを得ない」と心の中で頷くはずです。しかし、逆の見方をすれば、男性の浮気のほとんどは「性欲」目的であって、他に好きな人を作りたいという目的ではない、ということでもあります。つまり、彼の性欲さえ満足に満たせていれば、彼が浮気する可能性はその分だけ減っていく、ということになります。では、その性欲をどのように満足させていくか?それは姉妹サイトである「オトナのハウコレ」をぜひご覧ください。

■恋にマメじゃない男性の方が浮気しにくい

女性はどちらかというとマメな男性が好きだと思います。しかし、より浮気しないのは「マメじゃない」男です。マメじゃない男は、「そもそも恋愛がめんどくさい」と考えているので、新しい女性との関係を築くことにも「めんどくさい」という感情を抱きます。しかし、マメな男性はさほどエネルギーを割かなくてもマメでいられる器用さを持っているので、恋愛をめんどくさがらないのです。僕もひどいことを言っていることは自覚しています。だって、トキメキをくれる男性を彼氏に選ぶと浮気しやすくて、トキメキをくれない男性を彼氏に選んだ方が浮気しにくい。しかも女性はトキメキをくれる男性が好きなわけですからね。あぁ、恐ろしい。でももし、あなたの彼氏があなたと付き合うまでにそんなにマメじゃなかったのなら、案外喜んだ方が良さそうです。そしてもし、あなたの彼氏があなたと付き合うまでにとてもマメだったのなら、己の性技を高め続ける努力をした方が良さそうです。最終的には男の倫理観の問題なんですけど、あなたの彼はどういうタイプで、どうすると私だけの関係を大切にできるのか、いちど考えてみるといいでしょう。(川口美樹/ライター)(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません