彼氏ともっとラブラブにふたりの距離を縮める魔法の言葉辞典

恋愛
ハウコレ
2018/12/09 21:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

彼氏ともっとラブラブにふたりの距離を縮める魔法の言葉辞典

こんにちは、愛子です。彼とどんなにラブラブでも、いやラブラブだからこそ、「もっと愛されたい」「もっと心の距離を縮めたい」「もっともっと……」と思うのが女心ではないでしょうか。そんなキリのない乙女の「もっと」を叶える魔法の言葉を、今日はご紹介します!

■1.一体感がすごい。「私たち」

「私たち」と言うことで、一体感が生まれ、知らず知らずのうちに2人で1つという意識が高まります。例えば2人の休みが重なったとき、「私も○○くんも休みだから会えるね」と言うより「私たち2人とも休みだから会えるね」と言ったほうが、一体感が出ませんか?ほかにも「私たちが見逃した映画、やっとDVD出るよ」「私たち、本当お肉好きだよね」「私たち面倒臭がり屋だからね〜」などなど。もうお気づきかもしれませんが「私たち」を主語にしようと思うと、必然的にその後ろには2人に共通する言葉が続くことになります。「私たち」をたくさん使うということは、共通点をたくさん見つけることにもなるのです。恋人に限った話ではありませんが、人と親しくなるために共通点をたくさん見つけることは、とても効果的な方法です。そういう意味でも「私たち」は、彼ともっとラブラブになるためにおすすめの言葉なのです。

■2.通じ合ってる証拠!「あれ、あそこ、あの人」

2人にしか分からない言葉でやりとりすることで、親密度が高まります。試しに、ご両親や、年上の知人夫婦の会話を意識して聞いてみてください。長年連れ添われているご夫婦の会話って、「あれ」とか「あそこ」とか「あの人」とか、そばで聞いているとそれでよく通じるな、と思うようなワードだらけなのに、ちゃんと成り立っていますよね(笑)。彼との仲を深めるのに、言葉が必要ないというわけでは決してないんですよ。きちんと言葉を尽くして話し合うことが大切なケースも、もちろんあります。ただ、分かり合っている2人だからこそ通じる合言葉みたいなものがたくさんあると、知らず知らずのうちに心の距離が縮まると思うんですよね。意味が通じなければ会話にならないので、いきなり「あれ」とか「あそこ」とか言い始めても効果はありませんが、例えばついこの前デートしたばかりの場所なら「私あそこの雰囲気好きだったな〜、また行きたい」で通じるかと思います。さきほど話した言葉「私たち」と組み合わせて「私たちあれ好きだもんね」なんていうのもいいですね。そうやって少しずつ、2人だけの合言葉を増やしていくといいと思いますよ。

■3.心を開いていることが伝わる言葉「聞いてくれる?」

多くの女性にとって、話をちゃんと聞いてくれるというのは、彼氏に求める重要ポイントのひとつではないでしょうか。とは言え、オチがなくわりと長い女性の話(笑)を聞くのが嫌いという男性って多いです。そこで「聞いてくれる?」と前置きすることで、彼に「今から長めの話が始まるんだな」と、覚悟してもらうことが出来ます(笑)。しかも、最初にそう言うことで、打ち明け話感が出るので、「俺に心を開いて話してくれるんだから、ちゃんと聞いてあげよう」と、彼に思ってもらいやすくもなるのです。思いやりがある彼なら、あなたの話を聞く体制に入ってくれるし、しかも自分に心を開いてくれていることを嬉しく思ってくれる(例え話の内容そのものはくだらないと感じていたとしても 笑)と思います。いきなり話し始めると、彼は話を聞く準備が出来ていないので、途中で飽きてしまったり、話が入ってこなかったりする。でも「聞いてくれる?」と、大切なことを話す雰囲気で話し始めると、彼も聞く準備が出来るし、あなたも彼に話を聞いてもらえて満足出来ます。「心を開いて話してくれた」と感じる彼、「私の話をちゃんと聞いてくれた」と思うあなた、そんな2人の仲はさらに良くなること間違いなし

■4.定番だけど「ありがとう」はやっぱり大事

定番ですが、親しいからこそ、してもらって当たり前にならないよう些細なことにでも「ありがとう」と伝え続けましょう。最初はちょっとしたことにも感謝していたのに、段々してもらうことに慣れて、してあげた方だけに意識が向き「こんなにしてあげているのに、全然感謝してくれない」なんて思ってしまうことって多いです。男性いわく、日頃の思いやりある彼女の態度が、ちょっと浮気心が湧いてしまったときのストッパーになることも多いようです。普段優しく接してもらっていると「あの子を裏切りたくないな」って、ちゃんと彼女の顔が浮かぶんだとか。逆に、普段は親しさの表れだと思っていたやや厚かましい彼女の態度が、ほかに気になる女の子が現れた途端、嫌になることって多いそう。どれほど関係が安定しても、それにあぐらをかかないようにしたいものですね。もちろんお互いさまなわけですが、こちらが感謝の気持ちを忘れないように心がけることで、多くの場合、彼もそれに応えてくれます。どれも使いやすい言葉ばかりだと思うので、ぜひ取り入れてみてくださいね! (愛子/ライター)(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません