“すすきのNo.1キャバ嬢”椎名美月、過去に接客した“マジでやばい客”にスタジオ悲鳴

エンタメ
モデルプレス
2018/12/07 12:18
【椎名美月/モデルプレス=12月7日】北海道・すすきののNo.1キャバ嬢である椎名美月が7日放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(毎週木曜深夜24時12分〜)の「全国のキャバ嬢が集結!ヤバい裏側暴露SP」に出演。過去に接客した驚きの客について明かした。

【関連記事】これが“今、億単位で稼ぐ”東西トップキャバ嬢 愛沢えみり、エンリケ、門りょう、進撃のノア…

◆すすきのNo.1キャバ嬢・椎名美月の驚きの客とは

「私が接客したマジでやばい客」というトークテーマで、椎名は「“小学校の時の校長先生だけど覚えてる?”っていう電話がきた」と告白。

椎名は「わからないです」と答えたところ、「大人になったね。今度遊びにいくね」と言われたそうで、スタジオからは「怖い!」と悲鳴が。椎名がその件以来、「怖くて店の電話には出ないようにしている」と対策を明かすと、MCの名倉潤(ネプチューン)は、本物の校長だったかどうかも怪しいと分析し「そういうプレイなんじゃないの?」と見解を語った。(modelpress編集部)

◆椎名美月(しいな・みづき)プロフィール

1993年9月30日生まれ。24歳。北海道・すすきのの「すすきのニュークラブP&J」に勤務する人気キャバ嬢。シングルマザーであることも公表しており、雑誌「姉ageha」にも出演。グループ年間売上No.1、最年少月間最高売上達成など、数々の記録を打ち立てている。

情報:テレビ東京

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません