「キュウレンジャー」“スティンガー”岸洋佑、夢の場所でデビューイベント「三代目JSBさんも」思い噛みしめる

エンタメ
モデルプレス
2018/12/05 20:10
【岸洋佑/モデルプレス=12月5日】「宇宙戦隊キュウレンジャー」(2017年)で、サソリオレンジ/スティンガーを演じた俳優でシンガソングライターの岸洋佑が5日、ラゾーナ川崎でメジャー記念イベントを開催した。

【さらに写真を見る】「キュウレンジャー」“スティンガー”で人気の岸洋佑、“同期”三代目JSBと同じ場所でデビューイベント!

◆岸洋佑、夢の場所でデビューイベント開催

同日発売のミニアルバム「走りたいわけじゃない」で念願のメジャーデビューを果たした岸。「もう8、9年歌っていて思えば長い道のりだった」としみじみと話し、「やるからには全力で取り組む。1番下からのスタートの日にたくさんの人が来てくれて幸せ。1つひとつの仕事を頑張っていく」と気を引き締めた。

横浜出身の岸にとって「ラゾーナ川崎」は幼い頃から馴染みのある場所。「しょっちゅう来ていて。自分が大好きなアーティストさんのステージを観に来ていた。ラゾーナで歌うことは夢だった」と万感の思い。

さらに「事務所は離れてしまいましたが(かつて所属していたLDHの)同期である三代目J Soul Brothersさんもデビューイベントはここで開催している」といい、そんな“同期”と同じ場所でのデビューを噛み締め、「きょうここで歌えていることが個人的に嬉しい。大好きな人とここに立てて幸せ。ありがとう!」と感謝した。

◆岸洋佑、今後の目標を語る

アーティスト活動はもちろん、今後は俳優業にも意欲的で「色んなことをやれる人になりたい。福山雅治さんみたいな」と目標を掲げる。夢だったラゾーナ川崎でのライブを果たしたが「ずっと日本武道館でライブをやりたいと言い続けている。確実に1歩1歩突っ走っていきたい」と目を輝かせた。

この日のライブではミニアルバムに収録されている楽曲「僕への挑戦」「海辺のコンパス」「いつかの君へ」「ちいさい月の下で」の全4曲を披露。会場に約500人のファンが駆けつけたが、なかには小さな子どもたちの姿も。キュウレンジャーでの人気は健在のようで「キュウレンジャー!」と声援を浴びていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません