志尊淳、監督に直訴 “愛のある行動”に共演者も感動<走れ!T校バスケット部>

エンタメ
モデルプレス
2018/10/11 20:09
【志尊淳/モデルプレス=10月11日】俳優の志尊淳が11日、都内で行われた主演映画『走れ!T校バスケット部』(11月3日公開)プレミア試写会に共演者の佐野勇斗(M!LK)、早見あかり、戸塚純貴、佐藤寛太(劇団EXILE)、鈴木勝大、西銘駿、阿見201、椎名桔平、メガホンをとった古澤健監督とともに登壇した。

【さらに写真を見る】志尊淳、西銘駿、佐野勇斗ら、かっこよすぎるパンツルックで登場!

◆志尊淳の“愛のある行動” 西銘駿が感謝

いじめをきっかけにバスケットボールから離れていた主人公・陽一(志尊)が、T校の弱小チームに加入し部員全員で団結しながら快進撃をみせていく、実話に基づいた物語。

佐藤以外は全員バスケ初心者。代役をたてなかったため、クランクイン前に数ヶ月の猛特訓を重ねたという。なかでも西銘は「2ヶ月めちゃくちゃ練習して、バスケすごい上手くなって撮影に入った。でも初心者の役だったから(わざと)下手な演技をしなくてはならず、すごく大変だった。僕は2回苦労しているんですよ。あんなに上手くなったのに僕の2ヶ月は何だったんだ…」と監督に恨み節を向けて、笑いを誘っていた。

そんな西銘の努力を近くで見ていた志尊は、本来なかった西銘のシュートシーンの撮影追加を監督に直訴したという。「生意気ながら志願したら監督が『じゃあお前らが早く撮れるのであれば空いた時間で撮る』って言ってくれて。だから僕らも頑張ろうって」と志尊が振り返ると、西銘は「本当に…。志尊くん、愛しています!」と深々と頭を下げ、感謝を伝えていた。

◆M!LK佐野勇斗、喜びで思わず“素”になる

また、3ポイントシュートを得意とする役を演じた佐野について、監督は「いいシュートを入れると『監督!やりました!』とにこっと笑顔になって素の佐野に戻っていた」と指摘。

佐野は苦笑しながら「シュート、難しいんですよ。なので入った時はダメなことだけど素になっちゃいまして…」とおちゃめに舌を出した。

◆志尊淳、ゲームの実力はぶっちぎり?

撮影の合間は、志尊の提案で“人狼ゲーム”を興じ、コミュニケーションを図った一同。ゲームの実力は「ぶっちぎり」で志尊が高く、真剣に取り組んでいたという。

鈴木は「(志尊の)ゲームに対するモチベーションが違う。『みんな、狼に食べられる緊張感持っている?』って言うんですよ」と明かし、会場は笑いに包まれた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません