「モテたくて必死ね、アンタ…」と女性から呆れられる行動9パターン

恋愛
スゴレン
2018/08/21 09:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

「モテたくて必死ね、アンタ…」と女性から呆れられる行動9パターン


誰にでもモテたい気持ちがあって当然。でも、それを異性から気取られるのは非常に恥ずかしいもの。また、見透かされた段階でモテ効果はなくなってしまいます。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「『モテたくて必死ね、アンタ…』と女性から呆れられる行動」をご紹介します。


【1】自分が付き合った女性の数を多めに話す。


「いかにモテたか話されると引く…」(20代女性)など、ゲンナリする女性も。「付き合った女性の数=モテるオレ」という図式なのでしょうが、残念ながら逆効果のようです。モテ話は他人から聞かされてこそ価値があるもの。どうしてもアピールをしたければ、男友達に話してもらいましょう。


【2】鏡を持ち歩くなど髪の毛のセットを異常に気にする。


「ナルシストっぽいし、格好ばっかり気にする男はちょっとね」(20代女性)と、女性は引き気味。モテるために見た目を気にするのは普通の行動ですが、いき過ぎると「イタい男」と思われかねないので注意しましょう。


【3】「自慢じゃないけど」と言いながら仕事の成功話を熱く語る。


「絶対に自慢でしょ。仕事の話するときって、だいたい口説いてるときだしね(苦笑)」(20代女性)と、冷めた目で見る女性も。仕事に打ち込む自分をアピールしたいなら、むしろ失敗談や尊敬する先輩の話をした方が仕事への愛が伝わるでしょう。


【4】女性の意見にひたすら「オレもそう思う!」と同意する。


「必死に合わせなくても…」(20代女性)など、同意ばかりしていると無理がバレてしまうようです。気持ちが込もっていないことが伝わると、会話もあまり弾みません。相手の話をきちんと聞く態度を心がけつつ、意見を言うべきところでははっきりと言った方が会話も弾むでしょう。


【5】慣れない口調で格好つけて女性を褒める。


「頑張って褒められると、こっちまでつらくなる」(20代女性)など、女性を落ち込ませてしまう可能性もある危険な行動です。格好つけて褒めようとすると、言葉が上滑りして本心が伝わりにくいもの。キレイでなくても、自分の言葉で褒めた方がいいでしょう。


【6】わざとらしいほどレディファーストを徹底する。


「ファミレスでイスを引かれると逆に恥ずかしい」(20代女性)など、頑ななレディファーストは女性に不評。モテたい気持ちが先走り、TPOが見えなくなっている点が問題だと考えられます。「女性に気持ちよく過ごしてもらう」というレディファーストの基本を忘れずに。


【7】車やマンションを持っていることを自慢する。


「たしかに魅力だけど、自慢されると…」(20代女性)など、あからさまな持ち物アピールは女性に響かないようです。それ自体は魅力的なものなので「今度ドライブに行こうよ」などと誘い、当日自分の車であることを明かしてはどうでしょうか。


【8】優しさを演出するため、女性の荷物を無理やり持とうとする。


「無理やり持たれてもウザいだけ」(20代女性)というように、重くもない女性のバッグまで持とうとするのは、優しさの押し売り。逆効果になってしまいます。まずは「重そうだね、持とうか」などと声をかけ、断られたら無理強いはしないようにしましょう。


【9】香水をきつめにつけている。


「フェロモンアピールなのバレバレ(笑)」(20代女性)など、香水はモテアピールとしてあからさま過ぎるようです。特に芸能人と同じ銘柄の香水だったりすると、努力が痛々しいと感じられてしまう可能性も。香水はあくまでさりげない量にとどめましょう。


ほかにも「こんなモテ努力が女性にバレていた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません