「GIVER 復讐の贈与者」義波(吉沢亮)、夜の映画館に出没<第5話あらすじ>

エンタメ
モデルプレス
2018/08/10 10:00
【GIVER 復讐の贈与者/モデルプレス=8月10日】俳優の吉沢亮主演のテレビ東京系 ドラマ24『GIVER 復讐の贈与者』(毎週金曜深夜12時12分〜※「世界ソフトボール」中継により放送時間の変更の可能性あり)の第5話が10日、放送される。

【さらに写真をみる】メガネを外した義波(吉沢亮)のイケメン具合が異常

◆吉沢亮主演「GIVER 復讐の贈与者」

原作は日野草氏の同名ミステリー小説シリーズ(角川文庫)。復讐をテーマとし、復讐する側、復讐される側の人間模様を巧みに描きながら、毎回驚きのラストを迎える短編小説群を初めて映像化する。

吉沢が“復讐代行”を生業にする、生まれつき感情が欠落した青年・義波、女優の森川葵がアンダーグラウンド組織の統率者である謎の美少女ヒロイン・テイカー役を演じる。

◆第5話あらすじ

「正義の執行」…北尾英司(野間口徹)は、負傷した足を引きずりながら、仲間を裏切った自分にそう言い聞かせていた。

そんな中、妻と息子の元に帰るため立ち寄った金券ショップで、偶然にも妻との思い出の映画のチケットに目が止まる。

その足で映画館を訪れるが、なぜか隣には義波(吉沢亮)の姿が…。しかもスクリーンに映し出されたのは、隠していた本当の姿だった!

夜の映画館で上映される“失意の復讐劇”の意外な結末とは!!

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません