「絶対零度」“闇の仕置人”の正体は…ネット上で予想が加速<第6話あらすじ>

エンタメ
モデルプレス
2018/08/09 11:06
【絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜/モデルプレス=8月9日】俳優の沢村一樹が主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(毎週月曜よる9時〜)の第6話が13日、放送される。

【さらに写真を見る】本田翼、トレンドカラーを取り入れた秋サキドリコーデが可愛い!オフィスにも◎

◆「絶対零度」新シリーズ

シーズン1ではコールド・ケースと呼ばれる“未解決事件”を、シーズン2では“特殊犯罪潜入捜査”をテーマに、新米女性刑事・桜木泉(上戸彩)の活躍と成長を描いてきた『絶対零度』シリーズ。新シリーズでは、“未来の犯罪を予測して捜査する”ことをテーマに、潜入捜査やアクション、予期せぬ展開とエンターテインメント性をパワーアップして展開。

主人公となる元公安のエリート刑事・井沢範人を沢村、“未然犯罪捜査チーム=ミハン”のメンバーである山内徹役で横山裕、紅一点・小田切唯役で本田翼、“ミハンシステム”を推進するキャリア・東堂定春役で伊藤淳史らが出演する。

◆第6話あらすじ

井沢(沢村一樹)たち“ミハン”チームが捜査した事件の関係者に不審な出来事が続いていたことが発覚する。

猟銃の誤射で少女を殺し、その罪を別の事件の犯人になすりつけた元最高裁判所長官の小松原(中丸新将)は点検中のエレベーターに転落して死亡(第2話)。強姦を重ねていたエリート大学生の湯川(佐野岳)は行方不明になり、失踪届が出されている(第3話)。そして、法の目をかいくぐって何人も殺害した上、未成年者の犯罪を後押ししていたジャーナリストの川上(近藤公園)は射殺体で見つかったのだ(第5話)。

3人は、いずれも法でさばけなかった犯罪者――。犯人がミハンから得た情報をもとに犯行に及んでいると考えた東堂(伊藤淳史)は、「ミハンの情報が外部に漏れている」「内通者がいる」「チーム内に犯人がいる」という3つの可能性に言及する。

真相を解明するため、井沢は、山内(横山裕)とともに小松原が死んだホテルへ。小田切(本田翼)と田村(平田満)は湯川のスマートフォンのGPSが途絶えた高架下へと向かった。ほどなく、井沢たちは、防犯カメラの映像などから一台の不審な車両にたどり着く。だがその所有者に関する個人情報は改ざんされているようだった。

一方、川上の事件を追う捜査一課の早川(マギー)たちは、殺害現場付近で不審な男を見たという目撃者を見つけ、犯人の似顔絵を作成することに。そして、できあがった犯人の似顔絵は、あるミハンメンバーの顔で――。

ミハンは一連の犯行を予測していない。ミハンを知り尽くし、犯罪者を誰よりも憎み、事件の再発を防ぎたいと強く願う犯人の正体とは?法で裁けない犯罪者を制裁していた人物が、ついに明らかになる!!

◆「絶対零度」“闇の仕置人”は誰…?ネット上で予想が加速

6日に放送された第5話では、“闇の仕置人”の後ろ姿が映されたり、第6話の予告では誰かが重要参考人として手配される様子が流れたことから、ネット上では「裏で動いてるの誰…?!」「まさか井沢さん…」「桜木も謎のままだし、山内に秘密がありそう」「全員過去にいろいろありそうだから、誰がなってもおかしくない」「小田切もありえる…男性相手でも太刀打ちできるし…」「1番ほんわかしてる田村さんだったら震える」などと予想が加速している。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません