【2018年】赤アイシャドウ流行中! 専門家が塗り方伝授

ビューティー
マイナビウーマン
2018/08/09 06:10
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

【2018年】赤アイシャドウ流行中! 専門家が塗り方伝授


ここ数年、トレンド感があり注目されているメイクのひとつに、“赤アイシャドウ”を使ったアイメイクがあります。“血色メイク・うさぎ目メイク”などともよばれ、女性らしい潤んだ目元を演出できると人気!  今回は、そんな赤アイシャドウを使ったメイクのコツをご紹介します。

■赤のアイシャドウを使いこなすには?

赤のアイシャドウはブラウンやベージュと違って、取り入れるのが難しそうという印象があるかもしれません。でも、少しコツをおさえれば、簡単にトレンド感のある儚げな潤み目になることができるのでとってもオススメ!  赤とひと言にいっても、バーガンディーやボルドーカラーのような赤から真紅までさまざまです。まずは、ご自身が挑戦しやすい色味から取り入れてみてくださいね。

◇赤アイシャドウはどんな人にオススメ?

赤のアイシャドウはトレンド感を取り入れたいという人だけでなく、下記のような女性にもオススメです。

☆肌を白く見せたい人

目元に赤をのせて血色感を作りだすことで、肌が透けたような質感になり透明感のある色白肌に見せることができます。また、目元に明るい色を持ってくることで、肌全体がトーンアップし色白に見せる効果も期待できますよ。

☆目元に立体感を与えたい人

赤は膨張色なので、目元にのせることで陰影感を作り出します。その結果、日本人独特のフラットな顔立ちに立体感を与えることができます。

☆大人っぽいツヤメイクをしたい人

血色メイクは、10代20代で流行っているというイメージがあるかもしれません。でも、実は赤味を取り入れ、血色が透けたように見える肌質は、潤んだ艶っぽさ・儚げな印象・抜け感などを演出し、大人っぽいセクシーなメイクに仕上げることができます。

◇赤アイシャドウが映えるメイクって?

目元に赤のアイシャドウを使用した際には、ほかのメイクとのバランスも大切ですよね。特にチーク・リップの色味・質感との相性を考えてメイクをするとまとまりやすくなります。

☆チークにも血色感を与えるカラーを

基本は、チークも血色感のあるカラーがオススメです。ただし、赤アイシャドウは目元の印象が強くなるので、チークは薄めにしてバランスを取るのがベスト! 赤やベージュ、淡いピンクなどがよく合います。

☆リップには艶っぽさを

色味はチークと同様に、血色カラーの赤や淡いピンク、ヌーディーなベージュなどを。あまり主張しすぎない色味が合わせやすいですよ。また、マットなリップよりもツヤ感を添えるタイプ、もしくはグロスなどが好相性。

■赤アイシャドウの使い方

自分流にいろいろとアレンジもできる赤アイシャドウですが、選ぶときにはパールの入っていないものが使いやすくてオススメです。また、ビビッドな赤アイシャドウを使用すると、よりリアルに肌が透けたような血色感を与えることができ、透明感もUP! 手持ちのものがなければ、赤系のチークやリップなどで代用することもできますよ。

◇塗り方の手順

赤アイシャドウを使ったメイク方法はいくつかありますが、まずはご自身が取り入れやすいと思ったものからチャレンジしてみてくださいね。

☆目元全体にふんわりと赤みをプラス

(1)チップやブラシに薄めに赤のアイシャドウを取り、アイホール全体にふんわりと広げます。

(2)目の輪郭をはっきりさせたい場合は、目のキワのみ少し濃いめに色をのせます。

(3)下まぶたの外側から1/3程度にもふんわりと。

(4)アイライナーやマスカラは、いつも通りでOK! ブラウン系だと、よりなじみやすいです。

垂れ目風の憂いのあるメイクが完成です! アイシャドウは、はっきりした色ではなく優しい淡めのカラーを。特に、二重さんにオススメです。

☆目尻にポイント使いでセクシーアイを演出

(1)まず、アイシャドウ・アイライナー・マスカラはいつも通りに使用します。アイシャドウの色味は、ベージュやピンク・ブラウン系を。

(2)上まぶたの目尻側1/3程度に、赤アイシャドウをのせます。

(3)目尻を下げ気味にすると儚げな印象に、逆に少し跳ね上げると魅惑的なイメージに。

ドキッとするような色気を感じさせるセクシーメイクが完成です! アイシャドウは、ビビットな高発色のものを。奥二重で、目尻のみ二重幅が見えるという人にもオススメです。

☆下まぶたに赤みをさしてうるうるアイに

(1)赤アイシャドウを小さめのチップやブラシに取り、下まぶたの涙袋の部分にのせます(涙袋がない人も、同様の場所で大丈夫です)。

(2)色の境目を綿棒でふんわりとぼかします。

(3)目頭ギリギリまで塗らず、少し残すことで抜け感を。

(4)上まぶたは、アイライナー・マスカラでしっかり目元を締めます。アイシャドウはブラウンやピンクなどを。

さりげなく赤を取り入れた、うるうるアイの完成です! パール感のない淡いマットな色味が使いやすいですよ。一重で、上まぶたのメイクが演出しにくいという人にもオススメです。

◇腫れぼったい印象に見せないコツって?

赤は膨張色のため、目元に塗ると腫れぼったく見えてしまわないかと心配される方もいらっしゃるかと思います。そんな失敗を防ぐには少しコツがあります。

まず、腫れぼったくなりがちな人は、ビビットすぎる真っ赤を選ぶのは避けたほうがベター。赤み系のシャドウの中でも、テラコッタカラーやバーガンディー、ピンク寄りの赤などの中から、自分の肌になじみやすい色を取り入れると、自然に仕上がります。また、それでもどうしても腫れぼったく見えてしまう場合は、ベージュや淡いブラウンをベースに塗ってから、赤アイシャドウを重ねるという方法もオススメ。アイホールに塗る時は、あまり広げ過ぎず狭めに仕上げるのがコツです。

■美容ライターオススメの赤アイシャドウを紹介

最後に、オススメのアイシャドウを3つご紹介します。赤といってもさまざまな色味や質感がありますので、ご自身にあったものを選んでみてくださいね。

◇おすすめパレット3選

☆マジョリカマジョルカ シャドーカスタマイズ RD422熱情 500円(税抜)

奥行きのある目元を叶えるフォルム整形パウダーシャドー。ひと塗りでまばゆく発色し、光の効果で目元が立体的に生まれ変わります。まさに、血色を表現するのにぴったりの赤。500円というプチプラで、ほしい色を1色買いできる人気のアイシャドウです。

☆ジルスチュアート リボンクチュールアイズ 19rustic angora 5,000円(税抜)

かわいらしさを引き出す5色セットのアイカラー。上品さと可憐さのある目元を演出します。少し深みのある大人っぽい赤は、使いやすさも抜群! パレット内のほかの4色と合わせて使用することで、なじみやすく自然な潤みアイになれますよ。

☆アディクション ザ アイシャドウ 93 Alice (M)アリス 2,000円(税抜)

ベーシックでありながらアディクションらしいオリジナリティもある人気の単色アイシャドウ。見たままの色をうらぎらないノンパールでマットな仕上がりです。少し朱色がかった赤で、とても鮮やかな発色。ミステリアスな色気を感じさせるメイクに。

■旬の赤アイシャドウでいつものメイクにスパイスを!

いつものアイメイクに少しプラスするだけで簡単にトレンド感のある目元になれる、赤アイシャドウ! ぜひ、ご自身のイメージにぴったりの“赤アイシャドウ”を見つけて、なりたいイメージに合わせたメイクを楽しんでくださいね。

(上田麻里)

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません