彼に不意に抱きしめられた。で、あなたはそこでどうするの?

恋愛
ハウコレ
2018/07/12 21:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

彼に不意に抱きしめられた。で、あなたはそこでどうするの?

お部屋でまったりしていると、彼から不意にハグしてもらうことがありますよね。ハグって、いいですよね……。心がキューってなって、彼が途端にものすごく愛おしく感じられて、安心して、「ああこのままずっと……」と永遠を願うのでした……。めでたしめでたし。っておいおいおいおいおいおいおいおい(ツッコミがやけに古い)!彼からドキドキはもらった。で、あなたはどうするの? 彼にドキドキもらいっぱなし?そんなんじゃいけないな。ハウコレ読者たるもの、ただではハグをされてはいけない。「私にハグをするってのはどういうことはわかってる?」といわんばかりに、彼からもらった以上のドキドキをお返ししたいじゃありませんか。

■1スウっと吸う

寒いダジャレを言うつもりは全くありません。ただたまたまそうなっているだけです。私の経験上も、これまでアンケートをとってきた結果からも、抱きしめられたときに彼の耳の近くで、髪の匂いをスウっと吸うというのは、なかなか男子から評判がいいのです。「匂いを嗅ぐ」というのは、まあ言ってしまえばなかなか生々しい行為です。精神的にも、肉体的にも「近い」。だから、嫌いな人の匂いとかは絶対嗅ぎたくなくて、エレベーターで一緒になったりしたら息止める(よね?)。だからこそ、恋人から匂いを嗅がれるというのは(とても恥ずかしいけど)なんだか嬉しい。「匂いまで、好きだー!」と思われるのってなんだか理性とか理屈とかを全部すっ飛ばして好きだって言われているような気がして、ときめく。ハグしてるから、顔は見えないかもしれないけど、「ん〜この匂い安心する」とにんまりした顔でクンクンしてるんだろうなぁ〜というのが簡単に想像できちゃくらい、カー〇ィみたいに吸い込みましょう。

■2せっかくだから耳元でなんか言お

本当は、「大好き」って言ってほしいです。だけど、いくら抱きしめられたからって突然「大好きだよ」ってのは、やっぱり少し大胆すぎて、そんな勇気出ないわぁ〜という人が多いのもわかる。よほどハグされるのを待ち受けていないと、心の準備が整いません。だけど、抱きしめられている瞬間というのは「耳元でささやく」という”あの”ドキドキ典型パターンを繰り出すまたとない大チャンス。何も言わず、無言のごん平(そんな言葉はない)ではもったいないですよね。そこで私の提案する、ハグのときにそんなに勇気を出さなくても言えて、かつ彼にドキドキをお届けできるフレーズが、「気持ちいい」or「落ち着くぅ」。これなら、そこまでハードル高くない感じがしませんか? 独り言っぽく言える気がします。しかも、独り言っぽいからむしろいい。彼に抱きしめられて、あまりに安心して、極楽で、その心の声が漏れてししまった。そんなのって、ハグした彼の方からすれば、”ハグ冥利”に尽きる最上の褒め言葉なんじゃないでしょうか。ということで、抱きしめられたらせっかくなので耳元でなんか言いましょう。

■3手加減してない?

ハグをしたら、せっかくなんだからギュって体を押し付けなさい。肩だけ触れ合って、胸とか腰とかを手加減して彼から少し離していない? 自分の胸と彼の胸との間にスペースない?ハグをしてるなら、そういう手加減、遠慮はノーセンキューですよ。ギュッと押し付ける。だって彼は絶対にあなたとの胸とか体全体の柔らかさを、ハグを通じてたっぷり感じたいからね。全然下品な話じゃなくて、彼女の柔らかさを感じるのって、男子が大好きなことだから。エッチをしない日のハグなら、「せめて服越しでもいいから彼女の体を感じたい」と思っているのかもしれません。エッチをする日なら、そのハグを通じて燃え上がるのかもしれません。全然あざとくなんてないから、抱きしめてもらったときには彼に全部体を預けてみましょう。それが彼が望んでいることだから。

■おわりに

最後に、抱きしめられたとき、「もうちょっとこのまま」というような感じで、離れようとする彼を強く抱きしめて離さないというのも、とても彼はドキドキすると思いますし、素直に「嬉しいな」と思ってくれるはずですのでおすすめです。ちょっとキザっぽいこと言うけど、ハグって、抱きしめるのって、愛するふたりが、大好きすぎて、「ふたつの体をこのまま合体させちゃいたいな」と(ありえないっていうのはもちろんわかっていながら)理屈を超えてお互いを強く求めようとする試みです。ただ物理的にくっつくだけじゃない。なのでみなさんも、彼から不意に抱きしめられたときは、あなたなりの気持ちを、自分なりの方法、やり方でそのハグを通じて彼にお返ししてあげてください。体がこんなに密着してるんだから、きっとちゃんと届くはずです。

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません