りゅうちぇる、第1子“リンクくん”誕生の瞬間を振り返る「超泣いちゃいました」 ぺこに感謝

ニュース
モデルプレス
2018/07/12 11:28
【りゅうちぇる/モデルプレス=7月12日】タレントのりゅうちぇるが12日、都内で行われたイベントに出席した。

りゅうちぇる、出産終えたぺこに感謝 陣痛開始から12時間そばで支える

◆りゅうちぇる、ぺこに感謝「今までで1番大好きな日になりました」

昨日11日、妻でタレントのぺこ(オクヒラテツコ)との間に第1子となる男児・リンク君が誕生したことを発表したりゅうちぇるは、報道陣から祝福されると「ありがとうございます」と笑顔。出産にも立ち会ったそうで「今日の午前中に生まれたら仕事だったので立ち会えなかったので、僕がお休みのときを選んでくれたかのようで、しっかり陣痛が始まったときから出たあとまでずっと一緒にいることができました」と振り返り、「本当に感動的な時間が過ごせました。立ち会えてすごくよかったです」と目を輝かせた。

ぺこの様子については「安産で母子ともに健康なんですけど、すごく辛そうで聞いたことのない声を聞いたし、代わってあげたくても代わってあげられないのがあれだったんですけど、めちゃくちゃ頑張ってくれて」「母は強しだなって思いました」と明かし、「生まれた直後はすぐぺこりんにギュってしましたね。本当にありがとうって思いました。今までも大好きだったんですけど、ペコリンのことを今までで1番大好きな日になりました」と感謝した。

◆第1子“リンクくん”はどっち似?

また、父性は芽生えたか尋ねられると「立ち会えたのですごく実感があって、目の前で出てきてくれたわけだし、それですごい産声を上げて泣いてくれたので、すごく実感が湧いて、目に入れても痛くない系の言葉があるじゃないですか。そっちの気持ちがすごいわかりますよね」と声を弾ませ、「改めて親って偉大だなって思ったし、とにかく可愛くてしょうがないです。この子にとってのパパとママは、僕とぺこりんなわけだから、この子を守っていくためにしっかり頑張って行こうって思いました」と力を込めた。

そして、「ぺこりんと出会えて本当によかったなって思いました。陣痛を頑張ってくれながらもいろいろ思い出したりして、出会った頃のこととか、一緒にテレビに出だしたときとか、いろんなことを思い出して、ようやくここまで来たんだって。今まで2人で乗り越えて来たけど、今までの愛がようやく形になるんだってすごく感じて、頭が見えたときは超泣いちゃいました(笑)。いま思い出しただけでもウルウルです」としみじみと語った。

さらに、リンク君はりゅうちぇるとぺこのどちら似か尋ねられると「エッヘッヘー!全然わからなくて、稀に見ない赤ちゃん…。どこにでもいる普通の赤ちゃんで、本当に赤ちゃん(笑)」と照れ笑いを浮かべ、どちらに似てほしいか聞かれると「中身とか性格はぺこりんに似てほしいです。僕に似たら優柔不断だったりするので…」と願望を告白。どういう子どもに育ってほしいかと質問を受けた場面では、「自分をしっかり持った子がいいです。僕もぺこりんもお互いに惹かれ合った理由に、自分をしっかり持っているというところがあるので、そういうのは(2人を)見てそうしていこうと思ってくれると思うんですけど、個性的な子になってほしいなとすごく思います」と父としての思いを明かした。

◆りゅうちぇる、夏の思い出は?

この日、1日ナビゲーターとして各コンテンツを体験しながら紹介したりゅうちぇる。イベント内容にちなみ、夏祭りの思い出を聞かれると「まだテレビにもでていない、上京したばかりのときに、ぺこりんと付き合って初めて花火大会に行ったんですけど、そこで僕たちの大好きなディズニーの歌が流れながら花火が見られるお祭りでした」と回顧し、「それからすぐテレビに出ちゃったので、それ以来行けていないので、また行きたいですね」とコメントした。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません