「音楽の日」第4弾出演アーティスト発表 “平成の大ヒットソングメドレー”も

エンタメ
モデルプレス
2018/07/11 04:00
【音楽の日/モデルプレス=7月11日】14日に放送されるTBS系音楽特番『音楽の日』(午後2時から翌朝5時まで)の第4弾出演アーティストが11日、発表された。

「音楽の日」出演アイドル23組発表 ジャニーズ9組、AKB48グループ、坂道グループ、モーニング娘。’18、ももクロなど豪華集結

今回出演が発表されたのは、家入レオ、石川さゆり、大竹しのぶ、GAO、キンタロー。&ロペス、楠瀬誠志郎、香西かおり、JUN SKY WALKER(S)、城田優、高橋優、TRF、T-BOLAN、DEEN、To Be Continued、徳永英明、Beverly、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、FLYING KIDS、miwa、LiSA(※50音順)。

◆平成の大ヒットソングメドレーも

また、平成最後の夏の企画として、「平成の大ヒットソングメドレー」を人気アーティストがカバー。「誰もが歌える平成の歌」と題して、記憶に残る平成の楽曲をアーティスト本人が歌唱し、当時と変わらぬ熱唱やステージングを再現する。

さらに、追加コラボ企画として、大竹が高橋と「キライナヒト」を披露。昨年行われた大竹の還暦パーティーに高橋が招待されたのがキッカケで提供した楽曲だ。

このほか、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(毎週金曜よる8時57分)の企画でペアを組み、社交ダンス世界選手権でアジア人史上最高の7位に入賞したキンタロー。&ロペスが、AKB48とヒット曲「フライングゲット」で社交ダンスとアイドルの異色コラボを披露。そして、藤森が郷ひろみとアノ曲で “ハイテンション合いの手”新コラボをテレビ初披露する。

◆今年で8回目『音楽の日』

震災復興への願いを込めて2011年から始まった『音楽の日』も今年で8回目。今年のテーマは「アノ日の歌」。東日本大震災から7年。決して忘れてはいけないあの日のこと。誰の心の中にもある「あの日、あの時の歌」をコンセプトに、今年も沢山のアーティストの力を借り、各地を中継で結び、音楽で日本中に元気を届ける。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません