岡田准一“ただ愛のために”…黒木華の涙が切ない<散り椿>

エンタメ
モデルプレス
2018/05/14 08:00
【岡田准一・黒木華/モデルプレス=5月14日】V6の岡田准一が主演する映画「散り椿」(9月28日公開)の本編映像・ポスタービジュアルが14日、解禁された。

【動画】岡田准一×西島秀俊が対峙

◆映画「散り椿」は美しい愛の物語

過去日本アカデミー賞最優秀撮影賞を5回受賞、キャメラマンとしてだけでなく映画監督としても『劔岳 点の記』(2009)で第33回日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞している日本映画界の巨匠・木村大作が、三度目の監督作として挑んだ本作。

『蜩ノ記』で直木賞を受賞した葉室燐氏の名作と言われる「散り椿」(角川文庫)を朴訥で、不器用だが、清廉に生きようとする侍たちの“凛とした生き様”、そして愛する女性の為に命を懸けて闘う、切なくも美しい愛の物語をテーマに、日本人の誰もが心揺さぶられる作品に仕上げた。

◆岡田准一、西島秀俊らの“美しい佇まいと生き様”映し出す

岡田が演じるのは、かつては藩を追放されるも妻の最期の願いを胸に藩の不正や権力に立ち向かっていく男・瓜生新兵衛。ほか、西島秀俊が新兵衛と共に道場の四天王の一人で、持ち前の頭脳明晰さで藩主の側用人として頭角を現す榊原采女を演じ、黒木華、池松壮亮、緒形直人、新井浩文、柳楽優弥、麻生久美子、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二ら豪華俳優陣が集結。

撮影は、富山、彦根、長野にて時代劇としては前代未聞の全編オールロケを敢行。解禁された特報では、“美しい自然”と木村キャメラマンによる“美しい画”、木村監督の演出と岡田、西島ら豪華俳優陣による“美しい佇まいと生き様”が全編通して描かれる。映像では、「ただ、愛のために――」というナレーションが印象的で、黒木の涙が切なさを誘う。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません