菅田将暉&土屋太鳳、“怪物”たちと本気対決 さすがの身体能力も発揮<となりの怪物くん>

エンタメ
モデルプレス
2018/04/16 21:03
【菅田将暉・土屋太鳳/モデルプレス=4月16日】俳優の菅田将暉と女優の土屋太鳳が16日、都内で行われたW主演映画「となりの怪物くん」(4月27日公開)直前イベントに登壇。イベントでは、お笑いコンビ・アイデンティティも登場し、“最強怪物決定戦”と題し、一般募集企画で選ばれた“怪物”4名と本気の勝負を繰り広げた。

フォトギャラリー】柔軟する菅田将暉 対決の様子をもっと見る

◆菅田将暉&土屋太鳳、“怪物”たちと本気対決

ジャッジはアイデンティティの田島直弥が担当。まず、菅田、土屋がフラッシュ暗算対決、絵心対決に挑戦。菅田と土屋は押され気味で、“怪物”たちが勝利。

続いて、土屋は世界の大会でも活躍する“バトンの怪物”と前屈で勝負。ヒールを履いたままの挑戦という不利な条件となったが、ジャッジでは田島がヒールを考慮して、土屋の勝利となった。

そして、最終戦となった二重跳び対決には菅田が挑戦。縄跳び界で活躍する“怪物”と対決することになり、対戦前には念入りに柔軟も。さすがの身体能力を見せつけるも、最後は“怪物”相手に敗北した。

勝負を終えた菅田は、対戦前「負けたら何でもする」と宣言していたことをMCから追求されると「言いましたっけ?」とボケて笑いを誘う場面も。また、土屋は「すごい。菅田くんもかなり頑張って、皆さん素敵だなと思います」と“怪物”たちを称えた。

◆映画「となりの怪物くん」

2008年〜2014年まで講談社「月刊デザート」で連載された人気コミック「となりの怪物くん」(ろびこ著/講談社「KCデザート」刊)を映画化した同作。

友達も全くいない、恋もしたことのないガリ勉・冷血な女子高生が、となりの席の問題児男子に、ふとしたことがきっかけで唐突に告白されたことから始まる物語で、初めての友達、初めての恋、初めてのキス、初めてのケンカ、初めての三角関係など、まっすぐだけど不器用な登場人物たちが織りなす繊細なヒューマンドラマとなっている。問題児男子・吉田春を菅田、ガリ勉・冷血な女子高生・水谷雫を土屋が演じた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません