中田ヤスタカが明かすPerfume「チョコレイト・ディスコ」の誕生秘話

エンタメ
モデルプレス
2018/02/14 03:57
【Perfume/モデルプレス=2月14日】14日はバレンタインにちなみ、音楽プロデューサーの中田ヤスタカが作詞作曲し、3人組テクノポップユニット・Perfumeの曲「チョコレイト・ディスコ」の誕生秘話を紹介する。

【動画を見る】チョコレイト・ディスコ!

◆チョコレイト・ディスコは即興で作られていた

同曲は、2007年のバレンタインデーに発売され、グループの4枚目のシングル「Fan Service sweet」の1曲目に収録されている。

バレンタインの日特有の男女の“ドキドキ感”などが歌われつつ、サビではポップに“チョコレイトディスコ”を連呼。一度聴くと頭から離れない口ずさみやすい楽曲となっており、バレンタインの定番曲となった。

制作した中田は、2016年10月に放送された日本テレビの情報番組「ZIP!」に“中田ヤスタカのヒット曲の作り方”をテーマに出演した際、同曲の誕生秘話について語っていた。

中田の“ヒット曲の作り方”は基本的に「アドリブ」といい、ピアノを即興で弾きながら、即興で考えた歌詞を乗せていくという。

Perfumeの楽曲でそのスタイルで誕生したヒット曲は、まさにチョコレイト・ディスコだといい、「チョコレイト・ディスコ、チョコレイト・ディスコ、チョコレイト・ディ!スコ」と、口ずさんでいる内に誕生。あくまで音色を重視していることから、“チョコレイト・ディスコ”という歌詞に意味はなく「音色なので、言葉も。どんな意味の歌詞でもいい」と説明していた。

◆チョコレイト・ディスコ、フレーズは繰り返されつつも実は変化が…

また、同年10月に放送されたテレビ朝日の音楽番組「関ジャム 完全燃SHOW」に出演した際には、“チョコレイト・ディスコ”は同じメロディーと歌詞が繰り返される中でも、一部分では伴奏をエモーショナルに変え、ドラマティックに仕立てているところがあるといい「変わらないものの後ろで変わるものがあるから、対比が抑揚になっていく」と独自の制作技術を明かしていた。

即興で作った曲であっても細かいポイントが計算されており、センスが光る“中田流音楽”が垣間見える楽曲となっている。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ、テレビ朝日

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません