“新生”ももクロ、4人で登場 有安杏果卒業ライブ後の決意語る

ニュース
モデルプレス
2018/01/22 12:46
【ももクロ/モデルプレス=1月22日】ももいろクローバーZの有安杏果が21日、千葉・幕張メッセで行われたライブ「2018年OPENING〜新しい青空へ〜」を以ってグループを卒業。“4人体制”となったももいろクローバーZが、翌22日に放送された日本テレビ系情報番組『スッキリ』(毎週月曜〜金曜あさ8時)にVTR出演した。

ももクロ有安杏果、卒業ライブで着た“衣裳のエピソード”が感動的と話題 メンバー&モノノフと3年越しの夢叶える

◆ももいろクローバーZ、4人で登場

番組は、ライブ後のメンバーを直撃。百田夏菜子は「今日から4人になりました。4人でもこれから頑張っていきますので、是非よろしくお願いします!」と決意を新たに力強くコメント。

“天の声”を担当する南海キャンディーズの山里亮太は、“アイドル寄生虫”と自虐するほど様々なアイドルを推しており、中でもももいろクローバーZとは、ライブやイベントで共演するほどの関係を築いていた。

そんな山里から「『ここからは俺が(ももいろクローバーZを)支えていかなきゃ』ってかっこいいことを言っていただけた」と明かした百田。続けて「これからも私たちの力になってくれるんじゃないかなって期待しています。これからもよろしくお願いします」とメッセージを送っていた。

◆“ももクロファン”山里亮太への不満とは?

山里への感謝を伝えたメンバーたち。しかし不満もあるようで、高城れにが「勝手にメンバーの写真を撮るのだけはやめてくださいね」と注意すると、「メンバーが食べたカレーを食べるものダメです」(百田)、「楽屋に勝手に入ってくるものダメです」(玉井詩織)と、口々に報告。

そして最後に、玉井は「そのルールだけ守っていただければ、これからも応援していただけたら嬉しいです」と笑顔を見せた。

スタジオでは、MCの加藤浩次から「人の食べたカレーを食べるなんて、虫と一緒だぞ?」とツッコまれ、山里は「…じゃあこれからは虫として生きていくよ!」と回答して笑いを誘っていた。

◆ももいろクローバーZ、ライブ後の秘密を公開

またももいろクローバーZは、ライブ後に氷水に入っていることを告白。百田が「結構ライブでハードに動くので、大きな子供用プールにみんなで浸かって体を冷やす」と疲れが残らないようにするための行動であることを説明すると、玉井も「これまでは氷のうで冷やしていたが、冷やしきれていない気がしてプールになった」と話した。

番組では、実際に氷水のプールに入っている様子を映した映像も公開された。

◆有安杏果、ももクロ卒業を発表

有安は15日付のブログで、「突然のお知らせになっちゃってごめんなさい。私、有安杏果は2018年1月21日のライブをもってももいろクローバーZを卒業します」と発表。

理由について「ありがたい環境でやらせていただきましたが、子役時代から22年間やってきた世界から一度距離を置いて、普通の女の子の生活を送りたいという想いが強くなり、わがままを受け入れてもらいました」と説明した。

公式サイトでは「本人の“普通の女の子の生活を送りたい”という想いを尊重し、同日(ライブが行われる21日)、弊社との専属マネジメント契約も終了することといたしました」と発表し、22日以降は「百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏および高城れにの4名で引き続き芸能活動を行ってまいります」としていた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません