女性が「カッコつけすぎ!」とツッコミたくなる男性の行動9パターン

恋愛
スゴレン
2018/01/19 17:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

女性が「カッコつけすぎ!」とツッコミたくなる男性の行動9パターン


男性なら自分をカッコ良く見せたくなることもありますが、アピールの仕方によってはマイナスの印象を与えてしまうこともあります。そこで今回は、女性が「カッコつけすぎ!」とツッコミたくなる男性の行動をご紹介します。


【1】鏡や窓を見ては、やたらと前髪を気にする。


「ナルシストかと思う。そんなに気になるなら髪を切ってくればいいのに。」(20代女性)といったように、前髪をしきりに気にするしぐさは女性をイラつかせてしまうようです。身だしなみは家やお手洗いなど、女性のいないところで整えたほうがいいでしょう。


【2】シャツのボタンを3つ以上開け、胸元を全開にしている。


「セクシーなつもりらしいけど、ちょっとキモいです。」(20代女性)といったように、セクシーなワイルドさもアピールしすぎると女性は引いてしまうようです。ファッションには、やりすぎだと思われないようなバランス感覚が必要でしょう。


【3】いつもポケットに手をつっこんでいる。


「ワルぶっているように見えるが、サマになっていない。」(10代女性)など、男性にとっては無意識に近い行動も、女性にとってはキメすぎなポージングに見えることがあるようです。自分のクセを意識するのは難しいでしょうが、ワザとやっている人は控えたほうがいいかもしれません。


【4】室内でもサングラスを外さない。


「芸能人気取りでカッコつけてる感じがイタい。見えにくいから外せばいいのに。」(20代女性)など、美意識を優先する男性の行動も、女性からは単に不合理な行動だと思われてしまうようです。自分ではカッコいいと思っても、ムダな行動は避けたほうがいいでしょう。


【5】カラオケでおかしなマイクの持ち方をする。


「アーティストを気取ってるみたいだけど、ナルシストっぽくてイヤです。」(20代女性)など、歌う際に小指を立てたり、マイクを指の間に挟んだりするようなしぐさは、女性には自己陶酔していると思われるようです。アーティストっぽい振る舞いは仲間内だけにとどめましょう。


【6】「インセンティブ」、「クライアント」など、カタカナ言葉を使う。


「頭が良さそうに見せたいのかもしれないけど、普通にわかるように話してほしい。」(30代女性)といったように、専門用語やビジネス用語などのカタカナ言葉の多用は、女性からは、無理して背伸びをしている男性だと思われてしまうようです。


【7】運転の際、助手席に手を回しながらバックする。


「女性が好きなしぐさだと思っているのだろうけど、いかにも過ぎて勘違い男に見える。」(20代女性)など、一見カッコよさそうな行動でも、実際行うと女性が引いてしまうこともあるようです。運転時も普段通りに行動し、余計な演出は控えたほうがいいでしょう。


【8】片手で勢いよく画面を開くなど、ケータイの扱い方が俳優の演技っぽい。


「自分に酔ってる感じがしてなんかイヤです。」(20代女性)といったように、芝居がかった行動は女性にはキザに映るようです。特にケータイのように頻繁に使う物の扱いは目につくので、注意が必要です。


【9】レストランで指を鳴らして、スタッフを呼ぶ。


「本当にこんなことをやる人がいるなんて思わなかったのでビックリした。」(30代女性)といったように、男性が小粋な行動だと思っていても、女性からは「ドラマの見すぎ!?」と思われる恐れがあります。


男性の無意識な行動の中にも女性からはカッコつけていると思われてしまうものがあるようです。皆さんはカッコつけすぎて女性に引かれてしまったことはありますか? ご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません