恋が長続きするかは自分次第。彼に「しないほうがいいこと」

恋愛
ハウコレ
2018/01/13 00:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

恋が長続きするかは自分次第。彼に「しないほうがいいこと」

恋愛のチャンスは多いのに、付き合っても長続きしない……。そんな恋愛が続いているなら、彼氏への言動や行動の何かに問題があったのかもしれません。恋愛が長続きしなかった経験のある女性の意見を聞いてみました。参考にして、これまでの恋愛パターンをいちど見直してみませんか?

■・浮気が不安になって携帯チェックをしてしまうこと

「過去に彼氏に浮気されたトラウマがあって、それ以来付き合う男性のLINEを見せてもらわないと不安で付き合えない。会うたびに携帯チェックしてたら嫌がられてしまったことが……」(24才/アパレル関係)一度でも浮気された経験があると「どの男も結局浮気するのでは?」と疑ってしまうのは自然なこと。でも、恋愛って相手を「信じる」ことができなかったら深い関係は築けません。「自分が信頼されている」と思えば相手のことも信頼するし、「裏切りたくない」とも思うもの。「この人も浮気するんじゃないか?」と疑って不安を抱え続けるのなら、「裏切られたらそれはそれ。私は信用する」という考え方のほうが自分も苦しくならないのではないでしょうか。

■・返信が遅いと1人で不安になること

「彼の帰りが遅いと心配で何十回も電話やLINEを送ってしまったら引かれて振られてしまった」(22才/大学生)飲み会に限らず、自分と会っていない日や週末に彼と連絡がつかなかったり返事が遅かったりすると不安になりますよね。でも、せっかく自分の時間を楽しんでいるときに連絡を急かされると彼も付き合っていて窮屈に感じてしまいます。恋愛の醍醐味はコミュニケーションを楽しむことです。1人で不安になって彼にしつこく連絡をするよりも、「連絡がないと不安になるからちゃんと連絡して欲しい」という気持ちを伝えてみましょう。彼もそれが分かれば、あなたのことを思って対応してくれるはず。ひとりで不安な気持ちで突っ走る前に、まずは彼に気持ちを伝えるべきです。

■・彼の生活に合わせすぎること

「付き合うと彼にベッタリになってしまう。いつも一緒にいたいから学校やバイトも休んでしまったり。それでいつも彼に『疲れた』と飽きられてしまうんです」(20才/大学生)好きな人とはいつも一緒にいたいと思いますよね。ですが、恋愛のドキドキ感を保つには「もっとこの子のことを知りたい」という気持ちが大事です。一緒に居すぎると、すべてを知ってしまい、なんの変化もない時間がただ流れるだけ。恋愛にかかわらず、飽きの原因です。会わない時間があるからこそ「会いたい」と思うし、「会わなかったあいだのあなた」があることで、会ったときに変化や刺激になり、ふたりの関係の成長に繋がるのです。あえて会わない時間を作ることも恋愛を続かせるために効果的ですよ。

■・「別れる」を簡単に口にしてしまうこと

「ケンカするとすぐに『もう別れる!』と売り言葉に買い言葉で言って彼も『分かったじゃあもういいよ』ってなって、すぐに別れてしまうことが多いです。本当は引き止めて欲しいのに」(25才/ネイル関係)「別れる」をすぐに口にしてしまう癖がある女性は要注意!一度や二度は引き止めてくれるかもしれませんが、彼も面倒になってそのうち「じゃあ別れようか」となってしまいますよ。「別れたくないでしょう?だったら私の言うことを聞いて」と自分の考えを押し付ける人と、誰が一緒にいたいと思うでしょう?考えれば、その結果は明らかなはず。もともとケンカは、「一緒にいたいからこそ問題を解決したい」からこそのはず。お互いにきちんと話し合って考えることがイチバンです。

■おわりに

いつも恋愛が短命に終わってしまっているのであれば、気付かないうちに何かしらのNG行動を繰り返してしまっている可能性は高いです。自分の気持ちや行動と向き合う作業は決して気持ちの良いものではありませんが、一度見直してみると次の恋愛がぐっと楽しみになるはずです。(上岡史奈/ライター)(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません