「カワイイけど性格は悪い」と思われる女性の言動9パターン

恋愛
オトメスゴレン
2017/12/13 14:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

「カワイイけど性格は悪い」と思われる女性の言動9パターン


ルックスが良い(と思われている)人は、ただでさえ周囲に注目される存在なので、ちょっとした言動で誤解されてしまうことも多いようです。気をつけないと、無意識のうちに敵を増やしてしまうことも…。そこで今回は、「スゴレン」の男性読者に行った調査の結果を参考に「『カワイイけど性格は悪い』と思われる女性の言動9パターン」をご紹介いたします。


【1】お金持ちの男友達が多いことを自慢する。


「『私は別格なのよ』と言われているようで腹が立つ」(20代男性)など、「美人とお金持ちの男性との繋がり」を快く思わない男性が多いようです。友達に妬まれる種をまかないためにも、セレブとの交友関係をアピールするのは控えた方が良さそうです。


【2】毎日のようにナンパされたことを報告する。


「単なる自慢に聞こえる」(10代男性)と、ナンパ被害の報告はルックス自慢だと受け取られるリスクがあるようです。たとえナンパ被害に困っていても、信頼できる人にしか言わない方が良いでしょう。


【3】上目遣いやアヒル口を恥ずかしげもなく実行する。


「計算高い女に見える」(30代男性)など、わざとらしい表情を見せると誤解を生んでしまうことがあるようです。必殺技だからといって上目遣いの乱用はせず、好きな人の前で「ここぞ!」という瞬間だけに使った方が良さそうです。


【4】「食事は奢られるのが当然」という態度をとる。


「特別扱いに慣れ過ぎている気がして嫌だ」(20代男性)というように、食事を奢られるときの態度で女性の本性を判断する男性もいるようです。たとえ相手の男性に誘われた食事でも、会計のときに財布を出そうとする謙虚さを忘れないようにしたいところです。


【5】自分のことを「私」ではなく、自分の名前で呼ぶ。


「自意識過剰な人に見えてしまう」(10代男性)と、カワイイ女性が自分のことを名前で呼ぶことに抵抗がある男性もいるようです。ブリっ子のレッテルを貼られるのが嫌ならば、ひとまず初対面の人には「私」を使った方が良いでしょう。


【6】髪の先を指でくるくる巻くなど、気取った態度をとる。


「自分の魅力を見せつけているように見える」(20代男性)など、カワイイ女性はちょっとした仕草でも「鼻につく」と思われてしまうこともあるようです。癖でやっていないか、改めて自分を省みてはいかがでしょうか。


【7】「私、ブスだしー」と、思ってもいないことを言う。


「『そんなことないよ!』って言わせようとしているのがミエミエ」(10代男性)など、自分を卑下するような発言も性格が悪いと思われる原因になるようです。素直に受け取ってもらえない可能性が高いので、内心「自分はカワイイ」と思っている人は自己評価を口にしない方が良いかもしれません。


【8】子供っぽいワガママを通そうとする。


「ルックスで何でも許されてきた甘い女っぽい」(30代男性)など、度を過ぎたワガママを言うと男性に「カワイさを利用している」と思われることがあるようです。過去にワガママを聞いてもらった実績があったとしても、度を過ぎたワガママは言わない方が良さそうです。


【9】「年収1000万円以下の男はありえないよね」と、男性を見下した発言をする。


「カワイイ人に言われると、余計に腹が立つ」(20代男性)と、男性に対する評価が厳しいと「見下している」と思われてしまうようです。ガールズトークでぶっちゃけ話をするときも、男性が聞き耳を立てていないか確認しておいた方が良いでしょう。


他には、どんな言動が「カワイイけど性格は悪い」と思われるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません