女の子に「この人、ちょっと痛い…」と思われる「自分語り」9パターン

恋愛
スゴレン
2017/11/15 17:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

女の子に「この人、ちょっと痛い…」と思われる「自分語り」9パターン


お酒がすすんだときや夜更けなどに「語りモード」に入る方もいらっしゃると思います。でも、語る内容によっては女の子に「痛い」と思われるので注意が必要です。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんの意見を参考に、「女の子に『この人、ちょっと痛い…』と思われる『自分語り』」をご紹介します。


【1】「昔はヤンチャをしてた」など、過去の素行の悪さを誇らしげに語る


「よくそういう話する人がいるけど、引く」(20代女性)というように、男同士なら自慢になるエピソードも、女の子からしたらドン引きというケースは多々あるようです。ただし、単なる悪さ自慢ではなく「反省する出来事があり、今は心を入れ替えた」という話なら、深みがあると思ってもらえるかもしれません。


【2】「家を持っている」など、聞かれてもいないのに財産や収入を語る


「大切なのは何を持っているかより、持っている人の中身でしょ」(20代女性)というように、持ち物自慢で胸を張られてもピンとこないようです。ただし、手に入れる前の苦労を面白く話せる自信があれば紹介してもいいでしょう。


【3】「自分は後輩に尊敬されている」など、周りの評価を思いこみで語る


「後輩君の口から出た言葉なら信用する」(20代女性)というように、自分で自分を褒めると女の子に「自己評価が高すぎるナルシスト」と思われてしまうようです。むしろ、尊敬している人について語るほうが、謙虚さが伝わり好印象かもしれません。


【4】「数えきれないほどの女に告白された」など、自分がいかにモテるかを語る


「こんなヤツに告白した子たちがかわいそう」(10代女性)というように、聞かれてもいないのに、モテたことをアピールすると、女の子に嫌悪感を抱かれてしまうようです。本当に人気がある人は、自分で言わなくても周囲に伝わるはずなので、黙っておきましょう。


【5】「○○大の○○ゼミで…」など、難関大で過ごした大学時代を語る


「で、今は?」(30代女性)というように、同じ大学を卒業していない女の子からすると、ただの学歴自慢に聞こえるようです。ただし、大学名をわざわざ出さなければ、単なる学生時代の思い出として違和感なく聞いてもらえるでしょう。


【6】「将来俺は大物になる」など、根拠が乏しい夢を語る


「いい歳だし、そろそろ大物の片鱗を見せてるはずじゃ…」(20代女性)というように、全く叶いそうにもないビジョンを語る男性は、女性からむしろ「将来性がない」と思われるのかもしれません。夢を語るときは、実現に向けた具体的なプロセスなども含めて話しましょう。


【7】「親父の知り合いに政治家がいて」など、友達や知り合いの自慢ばかりを語る


「で、アンタはどうなのよ」(20代女性)というように、本人に語るべき特徴がないので、他人の力を借りて興味を引こうとするのが、ダサイと思われるようです。ただし、自慢ではなく面白いエピソードを紹介できれば、女の子も楽しんでくれるかもしれません。


【8】「実は俺、モデルと付き合ってた」など、昔の彼女の思い出を語る


「いつまで昔の彼女にしがみつくのよ」(20代女性)というように、元カノの話をする男性を、未練がましく感じるのでしょう。男同士ならともかく、女の子の前で語るときは元カノの話題は御法度と考えておいてよさそうです。


【9】「スキニーをはくと細く見えるよ」など、自分のオシャレ持論を上から目線で語る


「デブなのに無理しすぎ。ピチピチやん…」(10代女性)というように、ファッションについて得意げに語られると、逆にアラを探したくなるという女の子もいます。ただし、女の子と服の趣味が合いそうな場合なら、共感を得られるかもしれません。


「女の子に『この人、ちょっと痛い…』と思われる『自分語り』」には、ほかにどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません