永井大、第1子誕生後初の父親役 実体験を“リアル”に表現<マチ工場のオンナ>

ニュース
モデルプレス
2017/11/15 15:34
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

第1子誕生後初の父親役に挑んだ永井大 (C)モデルプレス

【永井大/モデルプレス=11月15日】俳優の永井大が15日、都内で行われたNHKドラマ『マチ工場のオンナ』(毎週金曜よる10時〜/11月24日放送開始)の記者会見に、共演の内山理名、柳沢慎吾、竹中直人、舘ひろしとともに出席した。

【さらに写真を見る】永井大の爽やかスマイル炸裂!内山理名、鮮やかピンクドレスから覗く二の腕が美しい

◆ドラマ「マチ工場のオンナ」

諏訪貴子による著書『町工場の娘』を実写化した本作は、専業主婦の有元光(内山)が、父である須藤泰造(舘)が残した町工場の社長として奮闘する姿を描くドラマ。

◆永井大、息子誕生から初の父親役

主演の内山演じる光を、献身的に支える優しい夫・大を演じた永井は、「役名からしてすごく縁があるなと、最初に台本を読ませていただいて感じました」とにっこり。

今年5月に、妻で女優の中越典子が第1子男児出産し、パパとなった永井は「自分自身も5月に息子が誕生しまして、息子が生まれてから初の父親役ということで、自分にとってもすごく思い出深い作品になりました」と喜びを表した。

そして「子育てに奮闘する光を見守りながら、協力し合いながら、そして仕事をしていく光を後押ししながらという中で、リアルに夫婦の仲の葛藤だったりとか、言い合いだとか、そういう喧嘩のシーンも結構あったりするんですけど、その辺もすごくリアルな感じでできているんじゃないかなと思います」と内山との共演に自信をのぞかせていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません