その気がなかった男性なのに、思わずドキッとした「直球アプローチ」9パターン

恋愛
スゴレン
2017/11/15 13:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

その気がなかった男性なのに、思わずドキッとした「直球アプローチ」9パターン


片思いの相手が脈ありかどうかは、いつだってよくわからないもの。好きな女性を振り向かせるためにはどんなふうに思いを伝えればいいのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の独身女性398名に聞いたアンケートを参考に「その気がなかった男性なのに、思わずドキッとした『直球アプローチ』」についてご紹介します。


【1】他の女性がいる前で「君が一番かわいい」


「一度は言われて、優越感を味わってみたい」(20代女性)という声もあるように、不特定多数の人がいる前で自分を特別扱いする男性を、急に恋愛対象として見てしまう女性は多いようです。ただし、他の女性を敵にまわす可能性があるので、よほど狙った相手がいる場合のみ使うようにしましょう。


【2】まっすぐ目を見て「きれいな目だ」


「マンガみたいでクサイけど、内心うれしい」(30代女性)という声もあるように、ストレートでベタなセリフに乙女心をくすぐられ、異性として意識し出すこともあるようです。照れ笑いをしてしまうと「からかっているの?」と思われるので、あくまで真剣な態度で伝えましょう。


【3】メールのやりとりをしていたら唐突に「会いたい」


「思わず『私も』と言ってしまいそう」(30代女性)という声もあるように、不意打ちで好意を伝えられると、自分を強く求められている感じがして嬉しくなる女性もいるようです。このほか、「いまから会える?」など質問形で聞いてみると、より好意が伝わっていいかもしれません。


【4】何気ない会話のなかで「君のそういうところ、好きだな」


「気がない相手でも、こういわれたらうれしい」(20代女性)という声もあるように、「好き」と言われると自分を肯定されたようで、相手への目が変わるという女性は多いようです。「努力しているところがいい」などと、長所をピンポイントで伝えるとなおいいでしょう。


【5】自虐ネタを披露中に、本気で「そんなことないよ!」


「真剣に言われると、女として見てくれているんだなとハッとする」(20代女性)という声もあるように、自虐的なふるまいを注意されることで、かえって「女性として大切に思われている」と感じる女性もいるようです。同様に「君は女性なんだから」と諭してみるのもいいでしょう。


【6】じっと目を見つめて「○○が彼女だったらいいのに」


「告白すれすれなセリフにドキドキしちゃう」(20代女性)という声もあるように、好きとは言わないけれど、つき合いたい気持ちを前面に出したセリフが女性に恋心を抱かせることもあるようです。「○○とつき合ったら楽しいだろうな」などのセリフも、相手をドキッとさせることができるかもしれません。


【7】落ち込んでいるときに頭をなでて「甘えても良いよ」


「思わず泣きたくなっちゃう」(30代女性)という声もあるように、とたんに頼もしい存在に思えてキュンとするという女性もいるようです。相手が弱っているときを見計らって、タイミングよく声をかけてあげるとなお喜ばれるでしょう。


【8】突然電話してきて「特に用事はないんだけど」


「用事もないのにかけてくるってことは…」(20代女性)という声もあるように、理由もなく連絡をもらうと、それだけ好かれているんだと感じてドキッとするという女性は多いようです。同様に「なんとなく声が聞きたかった」などのセリフも、相手をどぎまぎさせることができるかもしれません。


【9】仕事中にお菓子をくれて「君だけ特別だよ」


「なんで私だけ?と気になってしまう」(30代女性)という声もあるように、お姫様扱いしてくれる相手が急に良く見えてくる、という女性もいるようです。さらに「他の人には秘密だよ」と付け加えると、よりどきどきさせることができるでしょう。


自分にその気がない相手をドキッとさせるには、特別扱いしたり、魅力を伝えたりするのがよさそうです。気取らず飾らない、さわやかなアプローチを心がけるといいかもしれません。(持丸未来)


【調査概要】
期間:2013年8月15日(木)から8月22日(木)まで
対象:合計398名(10代、20代、30代、40代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません