菅田将暉へ米津玄師が送った“ラブレター”が話題「鳥肌が立った」「感動しました」の声

エンタメ
モデルプレス
2017/10/12 15:19
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

菅田将暉、米津玄師/撮影:中野敬久(提供写真)

【菅田将暉・米津玄師/モデルプレス=10月12日】ミュージシャンの米津玄師が11日、自身のTwitterを更新。11月1日にリリースする新アルバム『BOOTLEG』に収録される『灰色と青(+菅田将暉)』でタッグを組む俳優の菅田将暉へのラブレターを公開し、話題を呼んでいる。

菅田将暉、米津玄師と同世代タッグ 熱烈オファーで実現「菅田くんでなければ絶対に成立しない」

米津はこの日「『灰色と青』について米津玄師から菅田くんへ」とコメントを添え、菅田へのメッセージを公開した。

◆コメント抜粋

個人的な話だけど、誰かと奇跡的に同じことを考えてる瞬間を何度か経験したことがあって、

その瞬間っていうのはほんととんでもない瞬間で、

あーこのときのために生まれてきたんだな、とすら思うんだけど、

でもそんなのはほんと一瞬の出来事で、次の瞬間には全然違う人間同士になってる。

そういう刹那的な瞬間を、どうにか音楽にできないだろうか?とずっと考えてて。

音楽と俳優っていう別分野だし、生きてきた環境も違うんだけど、自分と歳も近くて、なんだか共通してる部分があるのが表現できるのでないか。

と思ってことが今回の曲の根幹になってます。ぱつぱつのスケジュールでごめん。でも絶対面白くなると思う。

◆感動の声殺到

これを読んだファンからは「鳥肌立ちました。ありがとうございます」「でも絶対面白くなると思うっていう最後のところ、グッときました」「なんて素敵なラブレターなんでしょう。感動しました」「この文章を読んでから曲を聴くと感動が増します…公開してくださりありがとうございます」「米津さんの菅田さんへの想いがすごく伝わりました…最高のラブレターです」など、感動したという声が多数寄せられた。

◆米津玄師 MV「 灰色と青( +菅田将暉 )」

米津はこれまで映画『何者』、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(声優として出演)と、2作の菅田出演映画の主題歌を担当。米津が今回の楽曲制作するにあたり、菅田以外には考えられず、直接話にいったところ、2人は意気投合し、今回のタッグへとつながった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません