だから何?と女性を興ざめさせる「意味不明な男の自慢」9パターン

恋愛
スゴレン
2017/11/25 09:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

だから何?と女性を興ざめさせる「意味不明な男の自慢」9パターン


男性から自慢話を聞かされて、嫌な気分になる女性は多いもの。ましてやそれが無意味な自慢であればなおさらでしょう。そこで今回は10代から20代の独身女性に対するアンケートを参考に、「だから何?と女性を興ざめさせる『意味不明な男の自慢』」をご紹介します。


【1】「A型だから超几帳面なんだよね」など、根拠のない血液型自慢


「なんでも血液型にこじつけて、自分を上げたり他人を下げたりされるとゲンナリする」(10代女性)というように、血液型に絡めて話題を展開させることに不快感を抱くパターンです。血液型だけでなく、星座や干支などによる性格分析や決めつけは、ほどほどにしておいたほうが無難かもしれません。


【2】「テストで70点以上取ったことがない」など、アホ自慢


「なぜそんなことを得意げに話せるのか意味がわからない」(20代女性)など、わざわざ人に聞かせるような内容ではない過去を暴露されてもリアクションに困るという意見です。「一日10時間も勉強したのに試験当日にお腹を壊して散々だった」といったオチがないのなら、いい印象にはつながらないのでやめておきましょう。


【3】「地下アイドルの○○ちゃんと握手した」など、マニアックすぎるオタク自慢


「趣味は否定しないけど、知らない世界のことを興奮して話されるとドン引き…」(10代女性)というように、自分にとってはビッグニュースでも人には伝わらないこともあります。相手がわからない話題はなるべく避けて、お互いに盛り上がれる会話を心がけましょう。


【4】「俳優の○○に似てるって言われる」など、容姿自慢


「実際そんなに似てなかったりすると、さらにイラッとする(笑)」(10代女性)というように、イケメン芸能人などに似ていると自称しても、反感を買ってしまうかもしれません。美醜の価値観は人それぞれ違うものなので、容姿について「褒めて」と催促するような発言は控えたほうがよさそうです。


【5】「昨日も今日も残業した」など、多忙自慢


「『要領が悪いだけなんじゃない?』って心の中で思ってしまう」(20代女性)というように、「多忙=できる男」という評価にはならないこともあるようです。忙しいことをアピールしすぎても、むしろ「能力の低い人」と思われかねないので注意しましょう。


【6】「付き合ってもすぐ別れちゃうんだよね」など、恋愛下手自慢


「コミュニケーション能力に問題がありそうな、悪いイメージしか思い浮かばない」(20代女性)というように、女性との交際が長続きしないことはマイナス情報だと受け取られるようです。過去の恋愛話になっても、自分に不利なことはあえて言う必要はないのではないでしょうか。


【7】「もう2日寝てない」など、睡眠不足自慢


「『中学生かよ』ってつっこみたくなる(笑)」(20代女性)というように、睡眠不足の理由はどうあれ、変に強調すると「幼稚な人」と思われてしまうかもしれません。単に不規則でだらしない生活ぶりを露呈することになりかねないと心得ましょう。


【8】「このジーンズ3ヶ月洗ってない」など、不潔自慢


「臭ってきそうで近づきたくない」(10代女性)というように、清潔感のなさを好意的に解釈する女性は少なそうです。オシャレに自信がなくても、「きちんと洗濯をした服を身につける」といった最低限のことには配慮しましょう。


【9】「昔はワルでヤンキーとばかりつるんでた」など、ヤンチャ自慢


「嘘っぽいし、本当だとしてもそんなことが自慢って器が小さい」(20代女性)というように、男性の不良時代のエピソードを聞いて「カッコイイ!」と思う女性はあまりいないかもしれません。最悪の場合、「イタい奴…」と呆れられるだけなので、ほどほどにしておきましょう。


女性に対して「自分を大きく見せたい」という気持ちはわかりますが、その思いばかりが空回りして内容が伴っていないと逆効果です。「自分語り」をするよりも、相手の話をじっくり聞いたほうが喜ばれるのではないでしょうか。(山下陽子/Office Ti+)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません