ほのかりん、ソロ歌手として再始動 “恋の終わり”を歌う

エンタメ
モデルプレス
2017/09/13 10:09
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

ほのかりん(提供画像)

【ほのかりん/モデルプレス=9月13日】モデル、タレント、女優と活躍していた“ほのかりん”が、デジタル・シングル『メロンソーダ』を20日にリリースし、ソロ歌手としてデビューする。

【MVを見る】ゲスの極み乙女。川谷絵音との交際で話題に・ほのかりんがソロ歌手デビュー

◆ほのかりん、ソロ歌手として再始動

ロックバンド『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音の元恋人で、昨年、未成年飲酒を報じられていたほのかりん。中学生時代に、女優の登竜門であるティーン・ファッション誌でモデルとしてデビュー、ドラマ、映画、舞台そしてテレビとその活躍の場を広げてきた。しかし12歳の時からギターを始め、元々音楽志望だったほのかりんは、2013年17歳で友人のモデルらと共にガールズバンド”コムシコムサ”(フランス語で「まあまあ」の意)を結成。

2016年には次世代を担う新人アーティストの登竜門、日本レコード協会主催イベント“Coming Next 2016”に出演するなど、メジャーデビューに向け準備を重ねていたが、ソロへの志向が強まりバンドからは脱退、ソロとしての準備を開始した。

今年7月に講談社のミスiDオーディションに自らエントリー、表現者としてセカンド・チャンスにトライし、今回の配信デビューへとつながった。

◆“恋の終わり”を歌う

記念すべき1stデジタルシングル『メロンソーダ』は、歯に衣を着せないストレートな言葉と辛口な表現で展開、女性側から見た恋の終わりを歌う楽曲。

12歳から続けたギターに裏打ちされたサウンドもさることながら、その歌詞の世界観は同世代の女性には必ず共感を呼ぶこと必至。MVでは10代の頃とは打って変わり、20歳になり再スタートを決めた大人な表情を見ることができる。

今後は毎月のシングル配信を予定。発表される楽曲は全て彼女が作詞作曲を手掛けたものになり、シンガーソングライターとしての期待も高まる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません