chay、3日間で全国6ヶ所“弾丸路上ライブ”を決行 全く人が集まらなかった過去を回顧

エンタメ
モデルプレス
2017/06/19 13:10
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

chay、全国弾丸路上ライブを実施(提供写真)

【chay/モデルプレス=6月19日】シンガーソングライターのchayが全国6ヶ所の弾丸路上ライブを決行した。

【さらに写真を見る】chay、3日間で全国6ヶ所“弾丸路上ライブ”を決行 賑わいを見せる

14日に2nd Album「chayTEA」をリリースしたばかりの彼女は、デビュー前にはよく路上ライブをやっていたそう。当時は全く人が集まらず、聴いてくれるのは2〜3人。どうやったらみんな足を止めて自分の音楽を聴いてくれるんだろう…と、ただがむしゃらに歌っていた時期があった。

同作のアルバム制作をしているときに、なぜかその頃のことが蘇ってきて、あの頃の気持ちを思い出しながら制作したというchay。アルバムが完成したときに、改めてお客さんと近い場所で、自分の声、自分の言葉でこのアルバムを伝えたいという気持ちが強くなり、弾丸路上ライブツアーを実施することを決めた。

◆仙台からスタート

弾丸路上ライブツアーの初日は仙台。仙台のラジオ番組に出演し、そこで路上ライブの場所を発表した。実際にライブが始まる前には「こんなに急な発表で、本当にみんな集まってくれるのかな…」と不安があったが、仙台市クリスロード商店街にある銀座山野楽器仙台店の前には200人以上の人が集まっていた。

ラジオやTwitterで情報を聞きつけたファン、そしてたまたま通りすがった人も「え!chay!?うそ!?」と驚き。歓迎の声に安堵したのか、chayは言葉を詰まらせながら集まってくれたファンに感謝を伝えた。

翌日2日目は広島からスタート。気温があがり、日差しが照り返すアリスガーデン広場には、150人以上の人が集まった。「暑い中、本当にありがとう!!」と感謝を伝えながら、ファン一人ずつといコミュニケーションを図る。

終わって急いで車に乗り込むと、次は福岡へ。3時間前の告知にもかかわらず100人以上ものファンの姿が見られ「福岡まで来てくれてありがとう〜!」というファンの言葉に、「また来るけんね〜」と笑顔で答えた。

◆大阪から名古屋へ

そして最終日となる3日目は、大阪城公園からスタート。当日の朝の告知にもかかわらず、200人以上のファンが集った。

さらに、息つく間もなく、猛ダッシュで車に乗り、新大阪駅へ。新幹線に乗り込み、次は名古屋へ向かう。大阪城公園の路上ライブが終わってから、Twitterで場所を告知したのだが、名古屋でも100人以上のファンが足を運んだ。中には、この弾丸路上ライブを応援しようと、大阪から移動してきてくれたファンも。涙を拭いながら聴いているファンの姿も見られた。

◆ファイナルは東京!天候はあいにくの空模様

1人1人と握手を交わし、いよいよファイナルの東京へ向かう。最終日の東京だけあいにくの天気となったが「ありがとう」を言いたいという思いからライブは予定通り決行。名古屋駅から品川駅に着き、タクシーに乗り込んで、そのままファイナルの場所、SHIBUYA CAST GARDENへ。会場では、降りしきる雨にもかかわらず、今回の弾丸路上ライブのファイナルを見届けたいと200名を超えるファンが、今か今かとchayの登場を心待ちにしていた。

会場に到着すると車から降り、そのままファンの前に登場したchay。雨に濡れるファンを気遣いながらも今回の弾丸ツアーの集大成として堂々と歌い上げる。MCではデビュー前の路上ライブの話になり「なかなか人が集まらず、一番最初に足を止めてくれた人の顔を今でも覚えているんですよ」と語る。デビュー前を思い出しながら、感謝を込めて歌唱した。

また集まったファンの中には、デビュー前の路上ライブを観に来ていたというファンも。この弾丸路上ライブツアーを応援したいと駆けつけていた。

どんどん雨が強くなっていったが、全4曲を力強く弾き語りでパフォーマンス。最後は「本当に本当に…ありがとうございました!」と深々と一礼し、3日間に渡る弾丸路上ライブツアーは幕を閉じた。

chayは今年10月24日でデビュー丸5年になる。路上ライブをしていた時期を経て、今、原点に立ち返り、今後アーティストとしてどのような成長を見せてくれるのか期待がかかる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません