デートで彼をメロメロに男性がよろこぶ「デート中の気遣い」

恋愛
ハウコレ
2017/05/20 11:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

デートで彼をメロメロに男性がよろこぶ「デート中の気遣い」

大好きな彼とのデートは、どこに行って何をするにしても、とっても幸せな時間ですよね。同様に、彼にもあなたとのデートが楽しいと思ってもらいたいもの。デートが楽しいと思ってもらうためには、デート中の気遣いが大切なんです。そこで今回は、男性が彼女にされたら「嬉しい!」と感じるデート中の気遣いをご紹介します。

■1.きちんと彼氏の話を聞く

ふたりきりのデート中、きちんと彼の話を聞くということは当たり前なようでできていない人が多いんです。女性は、デートに限らずついつい自分の話ばかりしてしまいがち。彼が話をしているときにはきちんと彼の話を聞き、目を見たりあいづちを打ったりして「話を聞いている」というアピールをしましょう。話の最中にスマホを見たり適当に返事をしたりしていると、彼はあなたといても「楽しくないな・・・」と感じてしまいます。また、あいづちを打つときは「うん、うん」とかわいらしく打つのがポイントですよ。

■2.くっつきすぎないようにする

デート中はすぐ隣に彼がいるため、気持ちが浮かれてイチャイチャしたいと思うことがあるでしょう。しかし、男性は人目を気にする人が多く、客観的に見ても過剰にイチャイチャしているカップルはイタイと思われがち。人目を気にせず彼にベタベタとくっついてしまうと、彼に恥ずかしい思いをさせてしまう可能性があります。彼が嫌がることをしないという気遣いは、お互いがデートを楽しむために欠かせないもの。人前とふたりきりのときで彼との接し方を使い分けることが大切ですよ。

■3.支払いを申し出る

デート中の食事など、支払いを彼にしてもらうことが多い人も少なくないはず。しかし、支払ってもらうことが当たり前かのような態度でいると、彼にも不満がたまってしまいます。たまには「今日はわたしが払うよ」と支払いを申し出るようにしたり、最初からワリカンを提案しておくと彼も財布の心配をせずに済むでしょう。ただし、彼を立てるためためにも強引に支払うような行為は禁物。できれば、店員さんなど人目がつくところでは財布を出さず、彼にこっそりお金を渡すようにしましょう。彼が「僕が払うよ」と言ってくれても、財布を出して支払う意思表示をすることが大切ですよ。

■4.感謝の気持ちを伝える

デート終わりの別れ際は、「今日はとても楽しかったよ。ありがとう」と必ず感謝の気持ちを伝えましょう。男性の多くが「今日のデートを楽しんでくれたかな?」と気にしていることがほとんどですので、感謝の気持ちを伝えることで彼を安心させることができるんです。デートの終わり方が良ければ、「また誘おう」と思ってもらえるはず。「ありがとう」や「ごめんね」という素直な言葉は伝えるのが恥ずかしいと感じる人も多いですが、それをきちんと伝えると彼は間違いなく喜んでくれるでしょう。

■「さりげなく」がポイント

気遣いは、あくまでさりげなく行うというのがポイントです。見返りを求めるのではなく、彼があなたとの時間を楽しめるよう献身的に気遣ってあげましょう。彼を想う気持ちさえあればちょっとした意識をするだけでできる気遣いばかり。ふたりのデートを充実させるためにも、ぜひ挑戦してみてくださいね。(five/ライター)(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません