食べる「日焼け対策」って? UV効果のある食べ物・4つ

ビューティー
マイナビウーマン
2017/05/20 09:54
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

食べる「日焼け対策」って? UV効果のある食べ物・4つ


毎年春〜夏の時期は、「絶対焼きたくない!」と紫外線を気にする女性も多いですよね。海やプールで水着を着る機会があると、余計気になるのではないでしょうか。今回は、「日焼け対策」に効果的な食べ物や、UV化粧品、アイテムをご紹介します。



■専門家に聞いた「日焼け対策」に効果的な食べ物

最近は、日焼け対策に効果的な「食べ物」が注目されてきています。一体どんなものがあるのか、美容コンサルタント・韓方薬膳料理専門家の余慶尚美さんに聞いてみました。

◇ヨクイニン(ハト麦)

「ハト麦」から殻を取り除いたものが、成熟種子で生薬の一種でもある「ヨクイニン」です。ヨクイニンには、体にこもった熱を冷ます働きや水分代謝をよくする効果があるので、高温多湿の季節に積極的に摂取するのがおすすめ。また、ヨクイニンに含まれている成分「コイクセノリド」は、美白や保湿にもいいと言われています。

ヨクイニンは、中国ではシミ取りのために煎じた汁(スープ)がよく飲まれています。日本では通販で購入しやすいので、ご飯と一緒に炊いたり、スープ類に入れたりと、気軽に応用できます。

◇黒酢

健康食の代表格とも言われている「黒酢」。免疫力アップや疲労回復、肝機能アップ、デトックスなどいろいろと効果は知られていますが、日焼け対策で特に注目したいのが「血流改善」。特に「赤血球変形能」が高まることが確認されており、毛細血管への血流がよくなります。結果、肌細胞の代謝機能が高まり、日焼けによるシミや乾燥を改善するのです。コラーゲンの主成分でもある、プロリン・アラニン・グリシンなどのアミノ酸も含まれているので、お肌の潤いも保たれますよ(※)。

※参照元:書籍『生活シリーズ 体がぐんぐん若返る黒酢のチカラ』主婦の友社

◇パセリ

パセリは、体内の熱を下げる作用があるので、暑くなるこれからの季節にはぴったり。また、抗酸化力や食中毒の防止、特有の香りがストレス解消の効果があることも確認されているので、高温多湿なシーズンに積極的に摂取したいもの。パセリは料理に添えられているイメージが強いですが、実はほかの栄養素と一緒に摂取することで、さらに効果を発揮する性質があります。日焼けによる乾燥やシミの改善はもちろん、お肌の代謝アップ、疲労回復、気分をリフレッシュさせる効果も期待できます。

◇豚肉

豚肉は、まさに夏の疲労回復にぴったりなお肉。豚肉に含まれているビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えるのに必要不可欠な成分です。また、体内に余分な熱をこもらせにくく、日焼けで乾燥しがちなお肌に潤いを与えます。抗酸化作用や老化防止効果のあるカロチンやビタミンC・Eが豊富な唐辛子と一緒に炒めたり、スープにしたりと、夏のスタミナ料理を作ってみてください。

■女性に聞いた「日焼け対策におすすめの化粧品」

「日焼け対策」で一番手っ取り早いのが、UV効果のある化粧品を使うことではないでしょうか? 日焼け対策に役立つ化粧品と使い方のコツを、働く女性たちに教えてもらいました。

◇日焼け止め

・「日焼け止め。アネッサやアリィーなどの、SPFの高い日焼け止めは効果がある」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「日焼け止め。化粧のときに、顔に塗る。長時間外に出るときは、手にも塗る」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「スプレータイプの日焼け止め。メイクした上からでも、簡単にシューッと吹きかけられるのが便利です。昼過ぎに外出する際は、朝の日焼け止めも落ちているころなので、メイク直しもかねてスプレーするのがおすすめです」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

◇UV化粧下地

・「UV化粧下地。下地にもなり、UV対策もできるため、化粧をするときは毎回使っている」(25歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「クリニークのUV化粧下地は、とても使いやすくておすすめです」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

◇美白化粧水

・「サエルの美白化粧水。ビタミンC誘導体の効果で、日焼けする前と変わらない透明肌を保ってくれる」(29歳/情報・IT/技術職)

・「ちふれの美白化粧水や美容液は、安いのに使えて優秀だと思う。特別な使い方はないが、コットンを使って顔に化粧水を浸透させている」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

最近はスプレー式など、軽い使用感でUVをカットしてくれるタイプの日焼け止めも人気が高いようです。また、日焼け止め効果が高い化粧下地や、メラニン色素の発生をおさえる美白化粧水も豊富にあるので、自分に合ったアイテムを選びたいですね。

■女性に聞いた「日焼け対策におすすめのアイテム」

続いて、日焼け対策におすすめのアイテムを見ていきましょう。最近は便利なアイテムが多く発売されていますが、女性たちが特におすすめする日焼け対策アイテムは何なのでしょうか?

◇日傘

・「日傘。太陽に傘の先を向けて、太陽の光を遮断するように差す。帽子のように暑くなくていい」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「遮光率90%以上の日傘。昼間に出歩くときは、常に使用している。くもりの日も使用する」(22歳/金融・証券/事務系専門職)

◇帽子

・「帽子、サンバイザー。つば広のものや、サンバイザー、コンパクトに丸めて携帯しやすいものなど、種類もデザインも豊富です」(29歳/情報・IT/技術職)

・「趣味が自転車なので、帽子は必須。かわいいものを探して購入している」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

◇羽織もの

・「手の甲まであるカーディガン。1枚で、手までUVケアできるから」(32歳/金融・証券/専門職)

・「UVカットパーカー。日焼け止めを忘れても、着ていれば腕や首を隠してくれるから。フードつきなら首までカバーできる」(28歳/電機/事務系専門職)

◇サングラス

・「サングラス。目から紫外線が入ってくると聞いたので」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「サングラス。目からも日に焼けると言うから」(33歳/学校・教育関連/技術職)

最近は、UVカット機能を備えているアイテムが多く発売されており、化粧品以外でも日焼け対策ができるようになってきています。自分の生活スタイルに合うものを選んでみてくださいね。

■まとめ

日焼けに関する研究が進むにつれて、日焼け対策に効果的な化粧品・アイテムなどが続々と出てきています。それだけではなく、今回ご紹介したような食べ物も摂取することで、キレイな肌を保てるようです。今年は、体の外側と内側の両方から、紫外線に負けない肌を作ってみては?

(監修:余慶尚美、文:ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ

調査日時:2017年5月2日〜5月7日

調査人数:130人(22〜34歳の女性)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません