日本デビューのMONSTA X、ファンイベント開催を発表 他グループと違う“魅力”とは

エンタメ
モデルプレス
2017/05/19 18:39
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

(左から)ヒョンウォン、ウォノ、キヒョン、ジュホン、アイエム、ミニョク、ショヌ (C)モデルプレス

【MONSTA X/モデルプレス=5月19日】韓国の7人組ボーカル&ダンスグループ、MONSTA X(モンスタ エックス)が19日、都内で日本デビュー記者会見を行った。

日本デビュー“MONSTA X”のここがすごい!「お互いを想い合いながら、夢を叶える」7色の個性に迫る<モデルプレスインタビュー>

グループ名は、「MON」=フランス語で「私の」、「STA」=「星」、の二つから『私(ファン)の星になる』という思いと、「MONSTA」=音楽界を平らげる「怪物」、さらに「X」に「可能性に満ちた未知なる存在」という意味を込めて、MONSTA Xと名付けられた。メンバーは、リーダーのショヌに、ウォノ、ミニョク、キヒョン、ヒョンウォンと5人のボーカルに、ジュホン、I.Mの2人のラッパーから成る。

日本デビューを果たした心境を聞かれると、「僕は子どもの頃から日本のマンガなど、日本のものに接してきましたが、こうやって日本にやってきて、日本語でデビューすることができたということで、とても光栄に思っています」(ジュホン)、「日本での成績ももちろん大切だと思いますが、日本の歌手の皆さんは長い間、ファンの皆さんから愛されていると聞いていますので、僕たちMONSTA Xもここ日本で長い間、皆さんに愛される歌手になりたいと思います」(ミニョク)、「韓国でデビューして活動しているときも、日本のファンの皆さんが韓国まで来て応援してくれました。そのときにファンの皆さんから『早く日本にも来てほしい』『日本でもデビューしてほしい』と声をかけてくれました。それが叶い、幸いいい成績もあげられましたし、ファンの皆さんも歓迎してくれているので、とても気分がいいです」(キヒョン)とそれぞれ吐露した。

◆MONSTA Xは“ココが違う”

また、これまで韓国のアーティストが数多く日本でデビューしてきたが、そんなアーティストとの違いやセールスポイントについて、ミニョクは「もしお時間がございましたら、1度MONSTA Xのコンサートにいらして、そのステージングを見ていただければなと思います。見ていただければ、怪物のような魅力がカッコいいなと感じていただけると思います」とコメント。

ジュホンも「さらに付け加えるならば、僕たちはメンバー自らがアルバムの制作、そしてダンスの振付にも積極的に関わってします。アルバムの中のタイトル曲のみならず、収録曲も聞いていただけますと、強いイメージの曲のみならず、とてもソフトな曲も入っています。様々な歌を歌いこなせるというところも魅力ではないかなと思います」とアピールした。

◆休みなら…

さらに、もし日本で1日休みがあったら何がしたいか質問されると、「ラーメンツアーをしたいです」(ジュホン)、「日本でお仕事があるときには大抵、都心にいるので、そういうお休みをいただけたら田舎にいって、温泉も経験してみたいなと思います」(ショヌ)、「ゲームが好きなので、秋葉原に行きたいです」(ミニョク)、「日本でキレイな写真を撮りたいです。写真ツアー」(キヒョン)、「僕は街歩きがしたいですね」(ヒョンウォン)、「日本の伝統的な衣装を着て、例えば町や村のお祭りに参加してみたいです」(ウォノ)、「うどんツアー」(アイエム)とそれぞれ目を輝かせた。

◆ファンミーティング開催決定

そして、日本でのファンミーティングの開催が決定したそうで、キヒョンは「日本のファンの皆さんが僕たちにたくさんの愛情を注いでくださったおかげで、僕たち8月からファンミーティングをすることになりました」と発表。ミニョクも「8月に行われるファンミーティングですが、ファンの皆さんが聞きたいと思っているであろう曲もたくさん準備する予定ですし、ゲームなどファンの皆さんとコミュニケーションの取れるものにしたいと思っています」と説明した。

なお、「MONSTA X, Japan Official FanMeeting Vol.1」は、8月16日に名古屋・ZeppNagoya、17日に大阪・Zepp Namba、21日&22日東京・Zepp Tokyoにて開催。参加方法などの詳細は、後日ホームページで発表される。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません