乃木坂46齋藤飛鳥、最年長・新内眞衣と“同い年”役に苦言「芸能人ってすごい」

ニュース
モデルプレス
2017/05/19 18:48
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

齋藤飛鳥(C)モデルプレス

【齋藤飛鳥/モデルプレス=5月19日】19日、都内で舞台「あさひなぐ」の囲み会見&公開稽古が行われ、乃木坂46の齋藤飛鳥、井上小百合、新内眞衣、若月佑美、生駒里奈、堀未央奈、衛藤美彩、北野日奈子、そして女優の真琴つばさが出席した。

【さらに写真を見る】乃木坂46齋藤飛鳥、最年長・新内眞衣と“同い年”役に苦言「芸能人ってすごい」

主演を務める齋藤は、初日を明日に控え「メガネ姿がどうしてもどんくさいので、それを皆さんに見られるのが緊張します」とコメントしながら、周りのメンバーを見渡して「26歳が制服着るってすげぇな!って(笑)」と新内について苦言。すかさず新内は「25!」と訂正し笑いが起こる中、18歳の齋藤は「私と同い年の役なんですよ。芸能人ってすごいことするよなぁって思いました」としみじみ。

さらに「表情筋がないのがコンプレックス。私には向いてないんじゃないか…」と不安を吐露する齋藤だったが、真琴は「セリフにエネルギーがあります!彼女は」と絶賛。齋藤は「そうやってつばささんがハードルをあげると、私は苦しい…(笑)」と不安で押しつぶされそうになるも、「薙刀を知らないところから入って、握ったことがない状態からみんなで一緒に始めた。ここまで自分がやってきたことを信じて初日を迎えたいと思います」と意気込みを語った。

◆舞台「あさひなぐ」

同舞台は、「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載中の同名人気コミック(作・こざき亜衣)が原作。スポーツと縁のなかった二ツ坂高校1年・東島旭(齋藤)が薙刀部に入部し、薙刀部の仲間たちと共に過酷な練習の日々を送りながらインターハイ全国大会を目指す。

また、同一作品を同時に映画化することが決定しており、主演は西野七瀬で9月22日に全国ロードショーされる。舞台「あさひなぐ」は5月20日〜31日に東京・EXシアター、6月2日〜5日に大阪・森ノ宮ピロティホール、6月9日〜11日に愛知・芸術劇場大ホールにて上演。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません