セクシーになりたい! 色気を演出する簡単メイクのポイント&方法

ビューティー
マイナビウーマン
2017/05/19 11:01
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

セクシーになりたい! 色気を演出する簡単メイクのポイント&方法


かわいくないから、太っているから……など、容姿のせいにして自分はセクシーになれるはずがないと諦めていませんか? しかしメイクを変えるだけで、誰でも色気を手に入れることができるんです! 今回は色気を作る簡単メイクのポイントと方法について、メイクアップアーティスト・MANAMIさんに教えてもらいました。



■たった5つ! 色気を演出するメイクのポイント

色っぽいな〜と思う女性のメイクは、そうでない人とどこがちがうのでしょうか? メイクアップアーティスト・MANAMIさんに、色気を作るメイクのポイントについて教えてもらいました。

◇(1)ベースメイクは断然“生肌”仕様

男性が好きなのは「メイクが上手な女性」ではなく、自分だけに「素」を見せてくれる女性です。とはいえすっぴんがセクシーに見える女性はとても少数。そこで、素肌のように見えるけれど“欠点”はしっかりカバー、かつアップにも耐える、崩れにくいベースメイクを目指しましょう。

◇(2)眉毛は少し細めにして“色気とエレガントさ”を

現在は空前の太眉ブームと言われていて、オフィスなどでも好感度が高いのはやはり太め。しかし色気を演出するなら、少しだけ細くてアーチのかかった眉のほうが、グッと女性らしさが増します。アーチは少しだけあいまいさを残すことがポイント。しっかり描いてしまうとバブリーになってしまうので注意しましょう。

◇(3)赤み系アイメイクが効果的

トレンドのひとつ「赤みシャドウ」はぜひ取り入れましょう。目周りの赤みは、上気した顔をイメージさせ、男性にセクシーな印象を与えるからです。しかし、ハッキリしすぎる赤を使ったり、入れ方を間違えると幼稚に見えてしまうこともあるため、やりすぎない「ナチュラルメイク」の範疇にとどめることが大切です。

◇(4)唇はパールを使わずに

「セクシー=ぽってりとした唇=グロス」という図式は定着したようですが、ここ数年は粘膜リップと言って、「素の唇が美しい」と思わせるメイクが来ています。すごく濃い色や、パール・ラメでギラギラキラキラしたものではなく、ツヤ感だけをプラスしてくれるグロス、バーム、美容液を使いましょう

◇(5)チークは肌よりダークなクリームタイプ

チークは、オレンジやピンクといったわかりやすい色を使ってしまうと、視線がそこに集まってしまいます。あくまでも色気メイクのポイントは「素肌」のように見せることなので、チークは肌なじみがよく、立体感と自然なツヤを与えてくれるクリームチークをチョイスしましょう。ぼかしの失敗も少ないですよ。

■グッと色っぽく見せるメイク方法

色気を作るメイクのポイント、いかがでしたか? ここからは色気メイクの実際の手順を紹介していきます。

◇(1)ベースメイク

☆用意するもの

パウダーファンデまたはリキッドファンデ、フェイスパウダー(リキッドファンデを使用する場合)、ファンデーションブラシ(あれば)

☆手順

内からほんのりにじみ出るような「うっすらツヤ」。そんな肌質になるよう“薄さ”を意識してベースを作っていきましょう。しっかり下地でお肌をととのえた後、顔全体を磨くようにブラシを使ってファンデーションを塗っていきます。このとき、「手早く軽いタッチ」でつけると薄く、均一に仕上がります。ペンキを塗るように塗ってしまうと、厚塗りになってしまうので注意しましょう。

ブラシを持っていない人は、スポンジですべらせるように、内から外、そして“外から内へ”と塗っていきましょう。このひと手間でファンデーションがより肌になじみます。叩き込むと厚くなってしまうのでなるべく控えて。リキッドファンデーションを使う場合は、フェイスパウダーをTゾーン、目周りを中心にオン。乾燥しやすいUゾーンや頬骨上は、省略してもOKです。

◇(2)アイブロウ

☆用意するもの

アイブロウペンシル

☆手順

眉毛は「左右対称」になるよう、描きにくいほうの眉を先に描いていきましょう。ポイントは、描きやすいほうの眉の形を意識すること。眉山の高さや眉尻の長さ、目との距離をポイントでおさえるだけでかなり対称に描けます。

また、眉を描く時はペンシルでラインを描くよりも、「1本ずつ毛を描くイメージ」で。眉頭よりなだらかに眉山が上がるように描いていきましょう。極細眉さんは少し太さを足して、平行眉の平均と言われる8mm以下になるように描くのがおすすめです。描き終ったらスクリューブラシなどでザカザカこすり、ラインをあいまいにして“ぬけ感”を出しましょう。

◇(3)アイメイク

☆用意するもの

バーガンディ系のアイシャドウパレット

※赤み系シャドウを単色で用意するのはかなりハードルが高いので、使いやすい赤みパープルのバーガンディパレットを用意しましょう。

☆手順

まずはじめに、締め色をまつ毛の際にのせましょう。次に、その上からアイホール部分全体にメインミディアムカラー(2番目に濃いバーガンディ〜ピンクの色)をのせていきます。下まぶたにも同じ色を、細いチップを使って目頭から目尻にかけてのせていきましょう。これにより、まつ毛の陰が作られ目を大きく見せてくれます。

アイラインは細めに、まつ毛の間を埋めてフレームを強調する程度に。囲み目にする場合は、上まぶた同様、下まぶたも粘膜内にうっすらと引いていきましょう。粘膜ではなくまつ毛の生え際に描くとクールになりすぎてしまいます。マスカラはまつ毛1本1本の長さが強調されるようロングタイプを使って、束にならないようにていねいにとかしながらつけていきましょう。

◇(4)リップメイク

☆用意するもの

マットな発色のグロスまたはマットリップ、透明グロス

☆手順

目元がバーガンディ色なのでピンクベージュがおすすめです。自分の唇や、口内の粘膜に近い色にするとより自然で肌なじみも◎。ほとんどの方がリップを実際の唇の輪郭より小さく塗っているので、唇の形に膨らんでいる部分までをきっちり塗るようにしましょう。これだけでかなり肉感的な唇になります。発色が薄すぎるグロスだとその違いがわかりづらいので、きちんと発色してツヤを与えてくれるものか、リップペンシルで輪郭を大きめにとり透明グロスでふっくら感を演出するとベターです。

◇(5)チーク

☆用意するもの

肌より一段暗い色のクリームチーク

☆手順

チークは目尻と小鼻の交差点に置き、そこからまず周りを丸くぼかしていきます。丸くぼかした後は、髪の生え際側に向かって少し伸ばし、そしてあごへのラインを意識して縦長にも伸ばしていきます。あごへのラインで色を感じる必要はありません。ほんのりとでものっていれば立体感は出てきます。少し大人っぽく生っぽくてアンニュイなイメージは、目元でも口元でもなく、このチークが目元と口元、ふたつの質感や色をつなげる重要な役割を果たすことによって生まれます。

海外で言われる色気は、いわゆるモードかつ健康的な色気。そのため眉の形から唇まで、すべてを強調した強めのヘアメイクが主流ですが、抜群のプロポーションを持ってないとなかなか似合いません。一方、日本で色っぽいとか色気を感じるものには、「はかなげ」や「かわいらしさ」といった要素が欠かせないため「ナチュラル」である必要があります。それでいてかわいらしさ=幼稚ではないという難しさ。これは色みや質感の統一感を意識することで、「何がいいとは言えないが、なんかいい」というイメージを作ることができます。

■まとめ

色気を演出する簡単メイクのポイントと方法について、紹介してきました。いかがでしたか? 日本における色気には、「はかなげ」や「かわいらしさ」といった要素が欠かせないというMANAMIさんの解説に、驚いた人もいるのでは? 色っぽくなろうと、つい濃い目のアイシャドウや濃い目のリップを塗っていた、と言う人はぜひ、今回紹介した方法を実践してみてくださいね。

(監修:MANAMI)

※画像はイメージです

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません